1年で1部復帰ならずのHSV、ファンは酒井高をスケープゴートに。同僚は怒り「ハートで残留したのに…」

コメント()
(C)Getty Images

1年での一部復帰を果たせなかったハンブルガーSVだが、現地ファンはDF酒井高徳をスケープゴートにしているようだ。

19日に行われたブンデスリーガ2部最終節で、デュイスブルクに3-0で勝利した4位HSV。しかし、同時キックオフの試合で3位ウニオン・ベルリンが引き分けたため、入れ替え戦プレーオフ圏内の3位浮上はならず。4位でシーズンを終え、目標に掲げていた1年での1部復帰は果たせなかった。

この現状に、サポーターは酒井をスケープゴートにしているようだ。

地元メディア『ハンブルガー・モルゲンポスト』によると、1-4と敗れて昇格が厳しくなった前節のパダーホルン戦後、サポーターは選手たちに拍手を送ったが、酒井とピエール=ミシェル・ラソッガにはブーイングが飛んだという。酒井は元同僚と「4年間ここにいる。4年間もだ」と話したと伝えられており、不満を露わにしていたようだ。

そして最終節、ベンチスタートとなった酒井は83分からピッチに立ったが、投入の際にはスタンドからブーイング。さらにボールに触るたびに指笛が飛んでいた。試合後、同僚DFリック・ファン・ドロンヘレンは酒井に対するサポーターの反応に怒りを示している。

「最悪だよ。こんなことが起こるなんて恥ずかしい。ゴウは故郷、そして妻や子供とも離れている中で、昨年ハートでHSVに残るという決断をしたんだ。彼にブーイングする必要はまったくない。スケープゴートではない。ゴウトク・サカイは素晴らしい男なんだ。明らかに(ブーイングに)ふさわしくない」

昨季クラブ史上初めて降格を味わい、今季も昇格を決められなかったHSV。怒りの矛先は、酒井に向けられてしまっているようだ。なお、契約を2020年まで残す酒井だが、先日『モルゲンポスト』のインタビューで日本復帰を希望していることを明かしている。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です

Goal-live-scores

閉じる