鹿島DFチョン・スンヒョンが左ハムストリング筋損傷で全治約5週間…ACL広島戦で負傷

コメント()
©Getty Images

鹿島アントラーズは27日、DFチョン・スンヒョンの負傷状況を発表した。

同選手は25日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)ラウンド16第2戦のサンフレッチェ広島戦で負傷。前半開始直後の4分にピッチをあとにしていた。

クラブによると、チョン・スンヒョンはチームドクターによる検査を行い、左ハムストリング筋損傷と診断されたという。治療期間は約5週間を要するとしている。

同選手は今季の明治安田生命J1リーグで11試合に出場し、ACLではプレーオフを合わせてここまで5試合に出場している。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です

Goal-live-scores

閉じる