韓国紙も森保ジャパンの強さに脱帽「最強の姿を再確認した」「優勝候補を軽く超えた」

コメント()
©Getty Images

日本代表は28日のアジアカップ・準決勝でイラン代表を3-0で撃破。決勝進出を決めた。“アジア最強”と目されたイラン相手の快勝に、韓国メディアも称賛の言葉を送った。

日本とイランの一戦は、アジアの強豪同士の戦いらしく、スタートから締まった展開に。前半をスコアレスで折り返すと、後半に南野拓実のクロスから大迫勇也が頭で決めて日本が先制。直後にも南野がPA内で相手のハンドを誘い、PKを獲得。再び大迫が決めて追加点を奪取した。終了間際には原口元気がダメ押し弾を奪って勝負あり。強敵イランを物ともせず、ファイナル行きの切符を手にした。

韓国の『スポーツソウル』は「日本が最強の優勝候補を軽く超えた」と言及。「これまでの戦いぶりからして、日本はイラン戦でも苦戦するように見えた」としながらも、「最終的に再び優勝に挑戦することになった」と続けた。

イラン戦勝利の理由について同メディアは「イラン戦でも主導権はなかったが、素早い逆襲でゴールを奪った。3ゴールすべてが特有のパスを通じた展開ではなく、テンポの速いカウンターから始まった。一方で守備ではトーナメントの3試合では1ゴールも与えなかった」と分析。

その上で「幅広いローテーションが勝利の原動力になった」と、森保一監督の選手起用についても言及。「大会を通じて、様々な選手を活用している。GKまで変更するほど積極的なローテーションを試みた。選手たちの体力を考慮しながらトーナメントに合わせて競技力を引き上げるという構想だった」と、的確なチームマネジメントを評価した。

「トーナメントに入っても森保監督は、守備ラインを固定しながらも、攻撃側で変化を与えた。準々決勝のベトナム戦で後半に入った大迫勇也は、イラン戦に先発で出場し、2ゴールを決めた。柔軟な選手起用が生んだ勝利と見てもよい」

「元々日本は短いパスを介して前進するスタイルにこだわっていた。しかし、今回のアジアカップでは、守備からスピードのあるカウンターを試みたり、セットプレー、ロングボールを適切に活用している」

イラン戦の勝利で「日本の最強の姿を再確認した」。アジアカップで「日本は過去7回の大会で4回も優勝を締めている。1992年に最初のチャンピオンになった後、アジアカップで最も強いチームとして君臨している」ことを強調し、「5度目の優勝を達成すれば、圧倒的な記録をたてることになる。決勝ではUAEとカタールの勝者と戦うが、最も強力な優勝候補を超えただけに、優勝の可能性は十分だ」と、5度目の戴冠は視界良好という見方を示している。

閉じる