非難は当時最高額の移籍金が影響?ポグバ「あのプライスタグのせいで…」

コメント()
Getty Images

▶6/25(火)までの加入で2ヶ月間無料トライアル実施中!コパ・アメリカ観るならDAZNで。

柴崎岳とコパ・アメリカ出場国の代表選手

マンチェスター・ユナイテッドのポール・ポグバは、移籍金のせいで自身が多くの非難を浴びていると主張した。

2016年夏に当時の史上最高額である8900万ポンド(当時約117億円)でユヴェントスからマンチェスター・Uに加入したポグバ。イタリアで大きな成長を遂げて古巣に帰還した同選手だが、移籍金の額により大きな期待がかかっていたものの、3シーズンのうち2度トップ4を逃した主犯の1人として多くの非難を浴びる。

ポグバへの非難の理由としては、一貫性に欠けるパフォーマンスや指揮官との衝突などさまざまなことが挙げられているが、フランス代表MFはイギリス『タイム』でこれほどまでに批判されるとは思っていなかったと話し、その理由も分からないと語った。

「歴史的な移籍だったから、異なる形で判断されている。あのプライスタグのせいで、みんなはさらに大きな期待を寄せていた。良い試合だったとしてもそれが普通のことであるように見られ、最高の試合でさえも良い試合程度にしか見なされない」

「それが付きまとうってことを理解していたし、(移籍金が)大きなインパクトだったことも知っていた。でも、これほどネガティブなことになるとは思わなかった。契約を交わしたとき、これだけネガティブなコメントが飛び交うなんて思いもしなかった。移籍金の額でこれほどまでに人の考えが変わるなんて思わなかったよ」

さらに、ポグバは「たぶん、彼らは僕がお金を持っていると思っているんだろうね。でも、お金があるのは僕ではない。僕にはお金が無いんだ。これだけの批判が起きる理由がわからない」といわれのない非難を受けていると主張している。

▶6/25(火)までの加入で2ヶ月間無料トライアル実施中!コパ・アメリカ観るならDAZNで。

柴崎岳とコパ・アメリカ出場国の代表選手

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です

Goal-live-scores

閉じる