長谷部誠、ブンデス全フィールドプレーヤー平均点ランキングで3位に後退…上位は接戦に

コメント()
(C)Getty Images
それでもDFとしてはトップをキープ。

フランクフルトに所属する元日本代表MF長谷部誠は、ドイツ誌『キッカー』による今季のブンデスリーガ全フィールドプレーヤーを対象とする平均点ランキングで首位から3位に後退した。

現地時間11日に行われたブンデスリーガ第25節フォルトゥナ・デュッセルドルフ戦にリベロの位置でフル出場。敵地での試合は途中出場のFWセバスティアン・アレがアディショナルタイムに2得点を記録するなど3-0での勝利に終わったものの、長谷部は相手チャンスにつながった53分のパスミスが響いたのか、『キッカー』での評価は「4」と低めだった。

その結果、同誌での長谷部の平均点は「2.72」から「2.79」(正確には「2.789」)に。一方、ヴォルフスブルク戦でのパフォーマンスに「2.5」をつけられたバイエルン・ミュンヘンMFチアゴ・アルカンタラの平均点は「2.78」となり僅差で首位に躍り出ている。さらにボルシア・ドルトムントMFマルコ・ロイスもシュトゥットガルト戦では「3」をつけられながら、「2.79」(正確には「2.786」)で長谷部を追い抜き2位に浮上した。

なお半数以上のリーグ戦にそれぞれ30分以上出場した選手が対象となる『キッカー』の全フィールドプレーヤー平均点ランキングだが、第25節終了時点でのトップ10は以下の通り。

1位      チアゴ・アルカンタラ(バイエルン・ミュンヘン、2.78)
2位      マルコ・ロイス(ボルシア・ドルトムント、2.79)
3位      長谷部誠(フランクフルト、2.79)
4位      ニコ・シュルツ(ホッフェンハイム、2.80)
5位      セバスティアン・アレル(フランクフルト、2.83)
6位      ルカ・ヨヴィッチ(フランクフルト、2.84)
7位      ジェイドン・サンチョ(ボルシア・ドルトムント、2.86)
8位      ヴィリー・オルバン(RBライプツィヒ、2.88)
9位      ケレム・デミルバイ(ホッフェンハイム、2.89)
10位    ジョエリントン(ホッフェンハイム、2.93)

(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)が「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZN(ダゾーン)の解約・再加入(一時停止)の方法とは?
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
白熱のJリーグ!2019シーズンの展望|優勝候補や得点王候補など

Goal-live-scores

閉じる