長友佑都ベンチ外のガラタサライが3季ぶりのトルコ杯制覇…リーグ戦天王山に向けて弾み

コメント()
AA

現地時間15日、トルコカップ決勝、アクヒサル・ベレディイェ対ガラタサライの一戦が行われた。

直近の公式戦12試合で無敗を続け、現在トルコ・シュペルリガの首位を走るガラタサライ。3シーズンぶり18回目の優勝を目指す同チームは、日本代表DF長友佑都を欠いた状態でこの一戦を迎える。

一進一退の展開となった前半を0-0で折り返すと、57分にアクヒサル・ベレディイェが先に試合を動かす。FWのエルヴィス・マヌが左脚で流し込み、試合の均衡を破るゴールを奪った。その後、1点ビハインドのガラタサライは63分にPKのチャンスを得るもエンバイェ・ディアニェが失敗し、試合は終盤へ。

そんな中78分、ディアニェをエリア内で倒したミゲル・ロペスのプレーを主審が一時は流したものの、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の判定により再びガラタサライにPKが与えられる。なお、この判定に猛抗議をしたロペスはレッドカードを提示されて退場となってしまった。

このPKをシナン・ギュミュシュガ落ち着いて沈め、試合はついに同点に。さらに数的優位に立つガラタサライは攻撃の手を強め、88分にソフィアン・フェリグが逆転ゴールを奪うと、後半アディショナルタイムにディアニェがダメ押しゴールを決めて勝負あり。アクヒサル・ベレディイェを3-1で下したガラタサライが2015-16シーズン以来となるカップ戦王者に輝いた。

なお、ガラタサライは国内2冠を目指し、19日に勝ち点で並ぶ2位イスタンブール・バシャクシェヒルとの天王山を迎える。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です

Goal-live-scores

閉じる