【連載:CL決勝データ対決(3)】空中戦NO.1は無双のファン・ダイク…タックル、インターセプトが最も多い選手は?

(C)Getty Images

2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ決勝、トッテナムvsリヴァプールが6月1日に迫っている。『Goal』では、最高峰の決戦を前にデータで両チームを比較。『Opta』のデータを基に、今季公式戦における12項目のトップ5を明らかにし、ポイント加算形式(5位1pt ~1位5pt)で比較する。今回は、「タックル数」「インターセプト数」「クリア本数」「クロス本数」「空中戦勝利数」ランキング編だ。

【タックル数ランキング】
1位:ロバートソン…108回 
2位:トリッピアー…95回
3位:ファビーニョ…89回
4位:アレクサンダー=アーノルド…80回
5位:ベン・デイビス…69回

インテンシティの高い選手たちが上位に名を連ねている。特にロバートソンは、出足の鋭いチェックと厳しいマークを続ける印象通り、トップに立った。サイドバックの選手が並ぶ中、中盤の底でハードワークするファビーニョが唯一MFからランクイン。

【インターセプト数ランキング】
1位:アレクサンダー=アーノルド…53回 
2位:フェルトンゲン…51回
3位:ファン・ダイク…50回
4位:D・サンチェス…49回
5位:マティプ…46回(1pt)

センターバックの選手が主に機会を得る項目だが、サイドバックとして唯一トップ5に入ったトレント・アレクサンダー=アーノルドが53回で1番の数字を残している。弱冠20歳の同選手だが、“読みの素晴らしさ”を示していると言えるだろう。

【クリア数ランキング】
1位:ファン・ダイク…252回 
2位:アルデルヴァイレルト…235回
3位:D・サンチェス…146回
4位:マティプ…104回
5位:フェルトンゲン…103回

両クラブの守備の要であるヴィルヒル・ファン・ダイクとトビー・アルデルヴァイレルトがほかの選手に差をつけて、1位と2位に立った。両者共にクロスを跳ね返す数も多く、このスタッツからは彼らが“いかにポジショニングに優れている選手か”ということが読み取れる。

【空中戦勝利数ランキング】
1位:ファン・ダイク…220回
2位:ジョレンテ…102回
3位:D・サンチェス…97回
4位:マティプ…90回
5位:アルデルヴァイレルト…81回

ダントツでのトップは、190センチ超えのセンターバックであるファン・ダイク。2位のジョレンテ以下、ダブルスコアで引き離している。ただ、2位のジョレンテは出場時間数(約1238分)から見れば、非常に多い数字となっていると言える。

【総合ポイント】
トッテナム:75pt(今回27pt)
リヴァプール:105pt(今回33pt)

▶UEFAチャンピオンズリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

▶UEFAチャンピオンズリーグ決勝特集!

Goal_UCL_banner

【関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)が「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
新時代の幕開けだ!2019 Jリーグ開幕特集
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|2019シーズン開幕前に知っておくと得する4つのこと
白熱のJリーグ!2019シーズンの展望|優勝候補や得点王候補など

閉じる