ニュース ライブスコア
コパ・アメリカ

退場に不満爆発で表彰式出席拒否…メッシ「僕らは汚職の一部である必要はない」

7:26 JST 2019/07/07
Messi Argentina Chile Copa América 06072019

アルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、再び判定や南米サッカー連盟(CONMEBOL)に不満を爆発させた。

コパ・アメリカ2019・3位決定戦で、チリと対戦したアルゼンチン。前半にアグエロとディバラのゴールで先制したアルゼンチンだったが、メッシは37分に相手主将メデルと小競り合いになり、ビデオ判定の結果一発退場となっている。試合はその後チリが1点を返したが、リードを守りきったアルゼンチンが2-1で勝利を挙げている。

準決勝ブラジル戦(0-2)の後にも「今大会はつまらないファールばかり取られてきたが、今日VARが介入しなかったことは信じられない」と、ビデオ判定の使用法に不満を見せていたメッシ。3位入賞の表彰式に姿を表さなかったメッシだが、改めて審判やCONMEBOLに不満を爆発させている。

「僕は表彰式には出なかった。なぜなら、我々はこの大会の汚職やの一部である必要はないからだ。僕らに対するリスペクトが欠けている。彼らは決勝進出を許さなかった」

「汚職、審判、そして人々がフットボールを楽しむことを許さない出来事。試合を台無しにすることだ」

「この試合で最後までピッチに立てなかった怒りを超えて、今は冷静になっている。僕はいつだって真実を語ってきた。いつだって正直だ」

以前にもCONMEBOLへ不満を示し、改善を要求していたメッシだが、今回の判定にも納得できていないようだ。

なお、メッシにとっては2005年8月のアルゼンチン代表デビュー戦以来、キャリア2度目の退場となっている。

▶コパ・アメリカ観るならDAZNで。!1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です