ニュース ライブスコア
プレミアリーグ

起用をめぐってモウリーニョと対立?ポグバに迫るレアル・マドリーの影

16:22 JST 2018/02/21
Paul Pogba Manchester United
フランス代表MFのポール・ポグバにレアル・マドリー移籍の可能性がある。

ジョゼ・モウリーニョの起用方法に不満を持つポール・ポグバに、レアル・マドリー行きのうわさが浮上している。

ポグバは、2016年にユヴェントスから1億500万ユーロ(約119億円)という当時の移籍金の史上最高額でマンチェスター・ユナイテッドにやってきた。2年目となった今シーズンは、ここまで3ゴール8アシストを記録するなど、随所でその才能を見せている。

しかし、ポグバ本人は自身の起用方法に納得がいっておらず、ポジションを巡ってモウリーニョ監督との不仲がささやかれるなど、フランス代表MFの周りには不穏な空気が流れている。

0-2で敗れた第25節のトッテナム戦では63分に途中交代を命じられ、第27節のニューカッスル戦では「チームが失点したときに、何もしていない選手がいた」と、決勝点を与えてしまった守備を遠回しに批判されていた。

そんなポグバの移籍先として有力な候補になっているのがレアル・マドリーだ。史上初のチャンピオンズリーグ連覇を達成した「白い巨人」は、2016年にポグバがユヴェントスから移籍する際に獲得を狙っていた。

指揮官のジネディーヌ・ジダンもポグバを「全てのクラブが欲しがる才能を持っている」と高く評価。しかし、レアル・マドリーの現在のスカッドを考えると、ポグバへの投資には疑問符をつけざるを得ない。

最前線では今シーズン調子の上がらないカリム・ベンゼマや、ケガがちでコンスタントな活躍が期待できないガレス・ベイル、そして33歳になったクリスティアーノ・ロナウドを抱えている前線の補強は、次の移籍市場での最重要課題だ。

一方で中盤に目を向ければ、ルカ・モドリッチ、トニ・クロース、カゼミーロが安定したパフォーマンスを発揮し、さらにはイスコとマルコ・アセンシオが揃って新契約にサイン。大金を投じてまで選手を獲得する必要性は低い。

しかし、レアル・マドリーが不必要に見える選手を獲得してきたことも事実であり、電撃移籍が成立する可能性も充分にある。24歳とこれからキャリアの絶頂期へ向かうポグバの将来はどこにあるのだろうか。

▶プレミアリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。