「経験、勝者のDNA、チーム内での影響力」インテルCEOが補強ポイントを明言

コメント()
Getty Images
インテルのジュゼッペ・マロッタCEOは、マウロ・イカルディ騒動や、移籍市場に言及した。

インテルのジュゼッペ・マロッタCEOがイタリア国営放送『RAI』のラジオ番組『ラディオ・アンキオ・スポルト』に出演し、クラブの内部事情について明かした。

■イカルディ騒動は収束へ

3位の座を固めつつあるインテル。14日にセリエA第32節でフロジノーネと対戦した際には、クラブとの対立によりロッカールーム内で孤立していたマウロ・イカルディが同僚のイヴァン・ペリシッチにPKを譲っており、注目を集めていた。これについてマロッタCEOは「状況は完全に修復された」と語り、騒動の収束を宣言している。

「素晴らしいことだ。チームの目標に向けて、ロッカールーム内が一致団結している証拠だろう。(イカルディにまつわる)状況は完全に修復された。これもカルチョの一部だ。選手たちは友人である必要はないが、真摯なプロフェッショナルでなくてはならない」

続いてインテルCEOは、今後のイカルディの去就について言及した。

「確率を伝えるのは常に難しいことだ。彼はプロとして素晴らしい経験を積んでおり、重要な宝だ。現役選手の中で最高峰レベルの選手だ。彼に関するあらゆる判断は、しかるべきときに行う。クラブだけでなく、選手の意見も考慮しなければならない」

■インテルの補強ポイントは?

インテルは、来シーズンに向けてアトレティコ・マドリーに所属するディエゴ・ゴディンとの交渉を続けていると言われているが、マロッタ氏は補強ポイントを明かした。

「メルカートでは、経験や勝者のDNAの側面から補強を検討している。交渉しているゴディンは、これらすべての要素を兼ね備えている選手だ。さらにロッカールームでチームメートに影響力を与えることのできる選手も探している」

■王者ユヴェントスとの差は大きい

最後にインテルCEOは、古巣ユヴェントスとのギャップについて自身の見解を示した。

「ユーヴェはイタリアで今後も長年、主役の座を演じるだろう。その差は著しく、財政面だけの問題ではない。ユヴェントスは成績や財政だけでなく、振る舞いにおいても勝者としての模範であると言える。ユーヴェは成長し、他のクラブは追いつくことができない。ユーヴェの威力には疑問の余地がなく、セリエAにおける覇権はあと数年にわたって続くだろう」

▶セリエA観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の記事です

Goal-live-scores

閉じる