米女子代表モーガン、泥酔トラブルでディズニーワールドから追放…SNSで謝罪

コメント()
Getty Images
アメリカの女子サッカー選手モーガンが、フロリダのディズニーワールドから泥酔で追い出されていた。後日、モーガン本人がSNSで謝罪している。

アメリカ代表の女子サッカー選手アレックス・モーガンが、フロリダにあるディズニーワールド内で泥酔状態により、園内から追い出されていたことについて反省の弁を述べている。

モーガンはSNSで「週末に起こったことについて謝りたい。私は、こんなことをもう二度と起こさないと誓います」とのメッセージを発している。

複数のアメリカメディアが報じたところによると、モーガンは現地時間1日にオーランド・シティのジレス・バーンズ、ドニー・トアらとともにディズニーワールド内で泥酔状態になっていたという。園内にいた他のグループに激しい言葉を浴びせていたことが判明し、エプコット(テーマパーク)のレストランから追放処分となり、一時は現地警察に拘束されていた。

1989年生まれ、現在28歳のモーガンは女子サッカー界トップ選手の一人で、アメリカ代表では主軸を務めている。2011年、2015年の女子ワールドカップ決勝、2012年のロンドン・オリンピック決勝などで、なでしこジャパンと死闘を繰り広げたことでも知られている。

閉じる