現実味を帯びる欧州スーパーリーグ…ECA会長「公平なシステムを模索していく」

コメント()
(C)Getty Images

ユヴェントスの会長であり、欧州クラブ協会(ECA)の会長でもあるアンドレア・アニェッリ氏が、噂される欧州スーパーリーグ構想に言及している。スペイン『マルカ』が伝えた。

かねてから噂されている欧州スーパーリーグ構想。ECAとUEFAは今月19日に2024年以降の欧州カップ戦フォーマット変更の草稿案について話し合い、視聴者数の増加を見込めるフォーマット、つまり欧州スーパーリーグを誕生させる方針が固まりつつあるという。すでに形式についても、3ディジョン制で各ディビジョンには16~18クラブが所属し、昇格・降格もあり。さらに従来のようなミッドウィークではなく週末開催など、具体的な話も伝えられている。

そんな中、ECAは26、27日と会議を開催。会長であるアニェッリ氏は、スーパーリーグ構想がまだ憶測にすぎないとしつつ、「フットボールとヨーロッパにとって公平なシステムを模索していく」と語っている。

「我々はプロセスの初期段階にあり、分析するためにより多くの時間をかける必要がある。『はい』か『いいえ』の問題ではない。新たなチャンピオンズリーグ(欧州スーパーリーグ)は現時点では純粋な憶測にすぎない」

「レアル・マドリーやバイエルン、ユヴェントスはこの新たなコンペティションに参加したがっている。他の何百というクラブも同じだ。我々は話し合っている。数ヶ月以内に、新たな大会が誰にとってもオープンなものかどうかわかるはずだ」

「プロセスはオープンかつクリアなものになるだろう。UEFAとの会議を同じようにね。これはフットボールが将来どうあるべきか、ということだ。会談は2~20カ月の間に行われる」

「対話は全てに対して開かれ、どの関係者も忘れることなく、フットボールとヨーロッパにとって公平なシステムを模索していく」

いよいよ現実味を帯びてきた欧州スーパーリーグ。今後の展開に全世界の注目が集まっている。

▶UEFAチャンピオンズリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)が「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZN(ダゾーン)の解約・再加入(一時停止)の方法とは?
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
白熱のJリーグ!2019シーズンの展望|優勝候補や得点王候補など

Goal-live-scores

閉じる