「激しいというか“汚い”、それがうまさだと分かった」岡野雅行氏が語るコパ・アメリカ

コメント()
©Goal

▶6/25(火)までの加入で2ヶ月間無料トライアル実施中!コパ・アメリカ観るならDAZNで。

柴崎岳とコパ・アメリカ出場国の代表選手

森保ジャパンが本気の南米と戦う――。コパ・アメリカ(南米選手権)が日本時間15日朝、ブラジルで開幕する。日本の参加は1999年パラグアイ大会以来となる。初のワールドカップ出場を経験した翌年、この世界最古の大陸選手権に初参加した日本代表は、ペルー、パラグアイ、ボリビアと対戦し1分2敗に終わった。ここでは20年前の日本代表メンバーである岡野雅行氏(ガイナーレ鳥取GM)に自身の体験と今回の日本代表への期待を聞いた。

■W杯とはまた違って… “ガチ”だった

――20年前のコパ・アメリカの1年前、1998年に日本代表はフランス大会で初のワールドカップに出場します。

それまで親善試合はありましたが、国同士の本気の戦いはワールドカップが初めてだったと思います。今は(W杯出場が)当たり前になっていますが、当時は何もかも初めてで手探りでした。協会も僕らもサポーターも。今考えればそういう意味で楽しかったですけどね。

――フランス大会はこんな日が来るなんてと出ただけでうれしかったです。

そうですよね。こんなこと言ったら怒られるけど、僕らもそうでしたよ。初出場で、それこそアルゼンチン(※)にもし勝ったら「ワールドカップ大したことねえな」で終わってましたよ (笑)。

※グループステージ第1節でアルゼンチン代表と対戦し、0-1で敗戦

――そして、翌1999年にパラグアイで開催されたコパ・アメリカを戦います。岡野さんは第3戦・ボリビア戦に先発出場されます。

コパ・アメリカは子どものころからテレビで見ていて、激しいイメージしかありませんでした。その場に日本が乗り込んで行った。やはり独特の雰囲気がありました。開催地のパラグアイはあまり豊かではなく重苦しい雰囲気で、空気がグレーに見えました。スタジアムも普通じゃないんです。警備は機関銃を持っているし、ゴール裏に金網がある。「すごく危ないんだな」と感じました。対戦相手の選手も「日本に負けたら殺される」くらいのプレッシャーでやっていたと思うんです。

――W杯とはまた違う凄みみたいなものがあった?

全然違いましたね。W杯は世界中から人が集まるお祭りみたいな雰囲気があったのですが、コパ・アメリカは、なんというんだろう「ガチ」だったんです。すごかったな…。フーリガンじゃないけれど、警備員が盾を持ってその後ろをサポーターが移動するといった。

――そんな中、ピッチに立たれた時は?

ピッチの環境自体が全く日本とは違いました。ひどいグラウンドだったのを覚えています。芝というより雑草みたいな感じでしたね。

試合はとにかく激しいというか、“汚い”ことをやってくるんです。でも、それが“うまさ”なんだって初めて知りました。Jリーグじゃ経験できないようなことをしてくる。でも、ファウルにならない。例えば、ユニフォームをずっとつかまれているんです。相手DFがつかみながらずっと「ウーッ」って言っている。足を踏んでスパイクを脱がそうとしたり、レフェリーが見ていなかったら何でもしてくる。でも、それが当たり前なんですよね。「そうか、南米の選手はこんな環境の中でもまれて、ロナウドも点を取ってたんだな」とか思いながらやっていました。

■あらためて感じた世界に出て行く必要性

――必死さが違う?

叩き込まれているんでしょうね。プロサッカー選手になろうとする人の総数が多いので、その中で勝ち抜いていかなきゃいけないから。

サッカーの究極を突き詰めた時に、一番大切なのは何? となるとフィジカルなんですよ。技術があっても倒れてしまったらその技術を生かせない。そこを追求しているのが南米の選手なんだと思います。体がすごく大きい訳でもないですから、個人技や1対1の強さ、そういうところで負けるとサッカーで生きていけない。ハングリー精神を持ってスラム街で生き抜いてきたような人たちがプロを目指して戦って来る。そういった独特の強さがあると思います。

個人としては、南米での本気のアウェイを経験できたのは大きかった。コテンパンにされましたけどね。勝ち抜くためには先ほども言ったように、すべてはフィジカルだとあらためて思ったし、理屈ではないと。それとやはり世界に出て行く必要性ですね。

本気の相手の当たりの強さやずる賢さ。勝利へのどん欲さ。「サッカーに命を懸けてるんだな」という感覚は日本にいるだけでは感じられませんから。

――当時の日本人選手で海外を経験していたのは…。

この大会には出ていませんが、ヒデ(中田英寿)が98年フランス大会の後、ペルージャ(セリエA)に行った。僕もW杯の後、コパ・アメリカの前にアヤックス(オランダ)に練習参加に行ったんです。僕らはW杯に負けた時に何が足りないか気づいたんですよ。

ヒデと食事をしたとき、「技術は日本と変わらなかったよね。でも、勝てない。何が違ったんだと思う?」と聞かれた。「フィジカルじゃないかな?」って答えるとヒデも「そうだよね」と。日本じゃそれまで世界相手にガチンコの勝負はやっていなかった。もちろん、アジアでも日韓戦といったものもありましたけどね。W杯でも日本のほうが正確にやるし、技術も高かったけど、やはり「ここ!」っていう時の力の入れ具合は違いましたよ。

1998_okano

▲当時浦和に所属していた岡野氏はアヤックスに練習参加に行った

■「世界で勝つにはフィジカル」なんだ

――岡野さんご自身は1995年に代表に初招集されて、初キャップの相手がパラグアイ、初ゴールの相手がウルグアイです。いずれも親善試合でしたが、コパ・アメリカとの違いを感じましたか?

先ほども言いましたが、相手が相当の覚悟を決めて向かってくる部分ですね。日本も気持ちがないわけじゃなかったんですけど。こんなことを言うのは情けないんですが、あの大会に参加した南米のチームは、日本なんて見ていなかったと思います。

――フィリップ・トルシエ監督が就任して間もなくの大会でした。

それこそトルシエ監督も「世界で勝つにはフィジカル」と言っていました。僕らがランニングしている時に、わざとボーンってぶつかってきたりするんですよ。で、よろけると「こんなのお前、デサイーとかが当たってきたらケガするぞ」とかそんなこと言っていました。

――フラット3という言葉に代表されるように戦術的なものを植え付けたイメージなのですが。

もちろん戦術も植え付けようとしていましたけど、まずはフィジカルの強さだと言っていましたよ。そこを勝てないと戦術までいかない、と。僕も本当に思いました。

――トルシエ監督と選手たちがぶつかったと聞きました。

ぶつかりましたよ、僕たち。でも、トルシエ監督もわざとやっていたんだと思います。

日本人はすごくフェアプレー精神があるけど、世界は文化が違うと。そんな優しい人間じゃ世界では通用しないと。別に悪口じゃなくて、国によっては貧しさがある。僕がGMをしているガイナーレ鳥取にもブラジル人選手は今まで何人もいましたが、中には「人身売買されそうになった」とか「親を殺されそうになった」という選手もいます。それぐらい環境が違うんです。とにかくコパ・アメリカは独特でした。街や国、応援団の雰囲気も含めて。

■若い選手にとっては絶対に良い経験になる

――今日のお話を聞いていると、やはり日本サッカーは少しずつ進んできたのが分かりますね。

本当に一歩ずつ進んできての結果ですよね。93年にドーハの悲劇があって、あと少しのところで94年のW杯アメリカ大会を逃して、97年にジョホールバル(のアジア最終予選第3代表決定戦)でイラン相手に勝って、98年に初めてフランス大会に出た。

Jリーグが開幕したのが93年だから、できて5年でW杯に行ってるんですよ。そう考えると日本のサッカーは着実に進んでいます。ミランで本田(圭佑)選手が10番を着けたり、インテルで長友(佑都)選手が活躍したり、バルサの下部組織で育った久保選手が18歳でA代表になったりとか、当時では考えられないですよね。

――岡野さんの初キャップは22歳でした。今回のコパ・アメリカは東京五輪世代の若い選手が参加します。

良いと思いますよ。久保選手も入っていますね。若い選手にとっては絶対に良い経験になると思います。この経験をしたら、(来年の東京)オリンピックが楽になるんじゃないですか? ガチの南米のA代表とやるわけですから。これだけの経験をしておけば、むしろオリンピックのほうが楽に感じるかもしれない。ケガだけは気を付けてほしいですけどね。

「本当に戦える選手は誰か?」の選考会の側面もあると思います。逆に勝つとオリンピックがプレッシャーになるかもしれない。「勝って当たり前」だと思われるから。

選手自身は本気の南米と南米のホームで戦う。暑さも、芝生も、街やサポーターの雰囲気も違う。そういうところで活躍ができたら、本物になっていくんだと思います。

――日本戦以外にしても、本気の南米が観られます。

コパ・アメリカは、番狂わせが結構ありますよね。直近は2大会連続でチリが優勝していますし。今回は開催国のブラジルがものすごいプレッシャー感じているでしょうね。

ブラジルはフィルミーノ(リヴァプール)、アルゼンチンはメッシ(バルセロナ)、アグエロ(マンチェスター・シティ)、グループステージ第2戦で日本と戦うウルグアイもカバーニ(パリ・サンジェルマン)、スアレス(バルセロナ)といった本気のメンバーが選出されています。このメンバーを見れば彼らの本気度が分かります。欧州リーグで活躍している選手がみんな来るんですから。

そういう価値ある大会なので、ぜひ日本には頑張ってもらいたいですね。怖がらないでガンガン行って世界を体感するだけでも意味があると思いますよ。「こんなタックルが来るんだ」と思ったら「俺らもこれぐらいやらなきゃダメだ」って思えばいいんです。それだけでも選手個々のレベルが上がりますから。

でも、せっかく参加するのだから、日本が番狂わせを起こしてくれることを期待してしまいますね。

【コパ・アメリカ 日本代表戦の日程(日本時間)】※DAZN独占配信
グループC第1節:6月18日(火)8:00~ vsチリ
グループC第2節:6月21日(金)8:00~ vsウルグアイ
グループC第3節:6月25日(火)8:00~ vsエクアドル

▶6/25(火)までの加入で2ヶ月間無料トライアル実施中!コパ・アメリカ観るならDAZNで。

柴崎岳とコパ・アメリカ出場国の代表選手

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説  ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です

Goal-live-scores

閉じる