ニュース ライブスコア
コパ・アメリカ

森保監督、各国指揮官からのコパ出場批判に応答…エクアドル戦は「ウルグアイ戦のメンバーベースに」

5:46 JST 2019/06/24
2019-06-24-moriyasu

日本代表の森保一監督が各国代表監督からの批判に反応している。

森保監督は23日、コパ・アメリカグループステージ第3節エクアドル戦への前日会見に出席。先日、パラグアイやベネズエラの監督たちが口々に招待国のコパ・アメリカ参戦に不満をもらしており、中でも若手主体のチームで臨む日本には批判の声もある。しかし、森保監督は「今聞きました。どう言ったらいいかわかりません」とかわす。

「我々チーム、スタッフはこの大会に参加できると言うことを聞いたうえでチームを編成しているだけなので、試合に向けて集中してコンディション作りをやっていきたい。メンバーが若いことがポイントではないかと思います。コパではチームとして選手の拘束力がないということ、選手が所属しているクラブは派遣義務がないということがあります。そこで名前としたら例えば長友(佑都)がいない、吉田(麻也)がいない、大迫(勇也)がいないということで現在日本代表の中心となっている選手がいません。それは拘束力がなく、招集打診はしましたが、かなわなかったというところです。現在の日本代表は最強ではないかもしれないが、条件の中でベストな選択として自信を持って選手たちを連れてきました。なので理解してもらえればと思います」

そして、エクアドル戦について言及。日本は突破のために勝利に加え、大量得点が必要となるが、指揮官は過度に意識することはないという。

「大量得点がいるかどうかは現時点でのシミュレーションの中では、それは必要ではないかと思いますし、まず勝利することを目指して戦っていきたいと思います」

さらに、選手起用については「まずは勝利するためにより確率が高いと考えられる選手を送り出したいと思います」とし、「ベースになるのはウルグアイ戦」と明かしている。

▶コパ・アメリカ観るならDAZNで。日本代表戦含む全試合独占配信!1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です