森保体制でのアピールを誓う川島永嗣、1年ぶりの代表招集に「日本代表は光栄で、誇り高き仕事」

コメント()
(C)Getty Images

ストラスブールGKの川島永嗣は、約1年ぶりに招集された日本代表について語り、再び日の丸を背負うことへの心境を口にした。

昨夏のロシア・ワールドカップ以来となる日本代表招集を受けた川島は「メンバーもだいぶ変わっていますし、そういった意味では非常に新鮮な気持ちかなと思います」と話し、この1年間外から見てきた代表チームの印象について語った。

「ロシアのワールドカップが終わってから監督も変わって選手もだいぶ変わりましたし、そういう中で次のワールドカップ、五輪に向かって新しいチームとしてまた可能性を感じるなというのは外から見ていて感じました」

また、所属するストラスブールでチャンスがない中、代表に呼ばれる立場にないと認めた川島は「正直、自分のチームでの状況というのがずっと厳しいものだったので、そういうところに関する焦りとかはなかったですし、自分は自分の挑戦に集中するべきだと思っていました」と語り、森保一監督の下でもしっかりとアピールしたいと主張した。

「監督が求めるものはあると思いますけど、こういう場所に呼ばれたからには自分自身が選手としてアピールすることは変わらないし、その上で、言われたように自分が経験したことを周りにプラスアルファとして変えていければと思います」

「日本代表というのは年齢に関係なく、サッカー選手の憧れですし、こういう場所に関われるというのは本当に光栄だと思うし、誇り高い仕事だと思います。そこに関われる幸せは今も感じていますし、自分が生まれ育った国にこういう形で貢献したいという気持ちは今までもこれまでも変わらないと思います」

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です

Goal-live-scores

閉じる