本田圭佑、FKで絶妙アシスト! 快勝のメルボルン・Vがファイナルシリーズ準決勝に進出

(C)Getty Images

MF本田圭佑が所属するオーストラリア・Aリーグのメルボルン・ビクトリーは3日、ファイナルシリーズ初戦でウェリントン・フェニックスと対戦した。

レギュラーシーズンを3位で終えたメルボルン・ビクトリーと、同6位フィニッシュのウェリントンが勝ち上がりをかけて激突した。ここまでリーグ戦18試合で7得点6アシストと活躍してきた「マーキープレイヤー」本田は、この重要な試合でもスタメンに名を連ねた。

試合序盤はアウェーのウェリントンにペースを握られたメルボルン・Vだが、21分には本田が単騎の仕掛けから決定機を演出する。ハーフウェーライン付近でボールを受けた本田がドリブルで侵攻。バイタルエリアで左足を振り、強烈なブレ球シュートを枠内に飛ばす。しかし、このミドルシュートはGKのセーブに阻まれ、先制点とはならない。

それでも、メルボルン・Vは42分に試合の均衡を崩す。ゴール正面やや遠めの位置でFKを獲得すると、キッカーの本田がゴール前にボールを供給。ゴール前に抜け出したニーダーマイアーがバックヘッドで合わせると、このシュートがネットを揺らす。本田の今季7アシスト目でメルボルン・Vが先行した。

迎えた後半、メルボルン・Vは53分にバルバルセスがシュートを沈めて、リードを2点に広げる。しかし、64分にはクロスに合わせたクリシュナにゴールを奪われ、1点差に詰め寄られる。それでもメルボルン・Vは71分、ボックス右に抜け出したトイヴォネンが、飛び出してきたGKをチップキックではずす見事なシュートを決めて3点目。その後、本田がフル出場したメルボルン・Vは2点のリードを最後まで維持し、ファイナルシリーズ準決勝進出を決めた。

なお、勝利したメルボルン・Vは、12日に行われるファイナルシリーズ準決勝で、レギュラーシーズン2位のシドニーFCと対戦する。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の記事です

Goal-live-scores

閉じる