日本が2023年FIFA女子W杯の開催国に立候補へ…JFAが意思表明書をFIFAに提出

コメント()
©Getty Images

日本サッカー協会(JFA)は15日、2023年に行われるFIFA女子ワールドカップの開催地として立候補するための意思表明書を国際サッカー連盟(FIFA)に提出したことを発表した。

JFAは3月12日付で開催地立候補にあたる意思表明書を提出しており、今後はFIFAが定める招致活動のプロセスにおいて最初の手続きとなる。今後は2020年3月に予定されているFIFAカウンシルでの開催国指名に向けて招致活動を進めていく。

FIFA女子W杯は、1991年に中国で第1回が開催された(当時の名称はFIFA女子世界選手権)。03年大会よりFIFA女子ワールドカップに名称を変更。8度目となる19年大会は6月7日から7月7日までフランスで開催され、日本が立候補を表明した23年大会は第9回となる。日本は第1回大会から連続して出場し、2011年には優勝、2015年には準優勝を果たしている。

今後の招致活動に関するスケジュールは以下の通り。

■2019年
3月15日まで 「意思表明書」をFIFAに提出
3月18日 FIFAが招致登録ならびに概要書類を意思表明国に送付
4月16日まで 大会招致意思の再確認、招致登録書をFIFAに提出
4月18日 FIFAが招致及び開催に関する書類を招致登録国に送付
10月4日まで 招致及び開催に関する最終書類、開催合意書などをFIFAへ提出

■2020年
3月 FIFAカウンシルにおいて開催国を指名(予定)

SN2ヶ月無料

▶今なら2ヶ月無料でサッカーも楽しめる! 3月17日(日)23時59分までDAZN2ヶ月無料キャンペーン実施中

【関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)が「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZN(ダゾーン)の解約・再加入(一時停止)の方法とは?
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
白熱のJリーグ!2019シーズンの展望|優勝候補や得点王候補など

Goal-live-scores

閉じる