新型コロナウイルスの猛威がメキシコにも…リーガMX会長が陽性、隔離状態に

Enrique Bonilla Yon de Luisa Liga MX
メキシコリーグのプレジデントが、新型コロナウイルスで陽性となったことが明らかになった。

新型コロナウイルスの感染拡大が、メキシコのリーガMXにも至ったようだ。

リーガMX会長、エンリケ・ボニージャ氏が新型コロナウイルス検査で陽性と診断された。『Goal』メキシコ版の現地記者がその情報をキャッチしている。

ボニージャ氏はリーガMXの公式メディアを通して「新型コロナウイルスの兆候が見られたことから検査を受け、陽性と診断された。現時点で深刻な状況ではないが、保健機関のガイダンスに従い、自主隔離に入っている」との声明を発表している。

メキシコでは現地時間20日時点で203名が陽性と診断され、そのうち2件の死亡例が確認されていた。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法7つを厳選!超簡単な視聴方法を紹介
DAZNの2020年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
DAZN番組表|直近のJリーグ放送・配信予定  ☆
DAZN番組表|直近の海外サッカー放送・配信予定  ☆
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です
「☆」は提携サイト『 DAZN News 』の提供記事です

閉じる