新センターバックの到着でバルトラがドルトムント退団を決心か…1月中にスペイン復帰へ?

コメント()
Getty Images
新体制で出場機会が減少のバルトラ。ワールドカップに向けて移籍を視野に。

スペイン代表DFのマルク・バルトラは、この冬にもボルシア・ドルトムントを離れることになるかもしれない。ドイツ誌『シュポルトビルト』が伝えている。

2016年夏にバルセロナから加入したバルトラは、センターバックを本職としているが、ピーター・ボス前監督の下では主に右SBで起用されると、ペーター・シュテーガー新監督の下ではまだリーグ戦でプレーしておらず、ベンチに甘んじている。

また、クラブがDFマヌエル・アカンジを獲得したことでドルトムントにCBが6人所属。状況がさらに苦しくなると見られるバルトラだが、ロシア・ワールドカップへの出場を逃したくない同選手はコンスタントな出場時間を見込める環境を求めているとのこと。報道によれば、スペインのクラブへの移籍を目指しているという。

一方、2008年からドルトムントに属するDFネヴェン・スボティッチも近々に移籍が実現する可能性が浮上。昨シーズン後半戦はレンタルでケルンに渡ったCBの獲得にはフランスのサンテティエンヌが動き出しているようだ。

なお『WAZ』によると、ドルトムントは今夏にレヴァークーゼンからドイツ代表DFヨナタン・ターを獲得する狙いだという。契約に契約解除条項が盛り込まれており移籍金は2500万ユーロに設定されていると見られる同選手だが、複数のプレミアリーグクラブからの関心も伝えられている。

▶ブンデスリーガを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
イグアイン代役は“レヴァンドフスキ2世”?ミランがピョンテク獲得に接近…移籍金は最低でも50億円
次の記事:
「1位が良い、2位が良いではなくしっかり勝つことだけ」酒井宏樹がグループ最終戦へ意気込み
次の記事:
ケガの状態に明言避ける大迫勇也…若手に奮起促す「気持ちは分かる。でもこんなチャンスはない」
次の記事:
長友佑都が徹するベテランの役割…本田ら例に上げて若手に助言「周りも見ないくらいチャレンジしていた」
次の記事:
トッテナムに激震!ケインが左足首靭帯損傷で6週間離脱…ソン・フンミンも離脱で得点源2人を欠くことに
閉じる