強盗扱いされても…フランス代表DFサコ「幼少期、小銭を恵んでもらうために路上に立っていた」

(C)Getty Images

クリスタル・パレスに所属するフランス代表DFママドゥ・サコーが、自身の過去について語った。

パリ・サンジェルマン(PSG)ユースで育ったサコ―は、同クラブでのトップデビューから7シーズン過ごした後、2013年にリヴァプール移籍。2016-17シーズンにレンタル移籍したクリスタル・パレスでは、翌シーズンから完全移籍した。

フランス代表の各世代で招集され続け、2010年にフル代表でもデビューしたサコー。これまで29キャップを記録する屈強なセンターバックは、『デイリー・メール』のインタビューで貧困にあえいでいた過去を振り返った。その経験から自身のルーツであるセネガルに孤児院を建設するサコーは、幼少期について以下のように話している。

「僕は小銭を恵んでもらおうと路上に立っていた。一人の女性が、僕から守るようにバックを隠したこともあった」

「ショックだったよ。僕はただ、少しの小銭を恵んでもらってパンを買いたかっただけなんだ。でも彼女は、僕がバッグを奪うと思ったみたいだね。僕は自分自身に約束したよ。『見てほしい。今日の僕はお腹がすいている。でも彼女は僕が悪いことをすると思ったみたいだよ。だけど僕は、僕自身が何かを与えられるようになった時、それを与えることができる人間になりたい』と」

「僕は飢餓が何かを知っている。凍えるような寒さがどのようなものかを知っている。食べ物を得るために、小銭を恵んでもらおうとした。幼い頃の話だ。これは僕の人生の一部だよ。僕はこれについて話すことが好きじゃない。誇りに思っているからだ。わかってくれる?」

「誰もがそれぞれの物語をもっている。自分自身の人生の物語によって今の僕がいる。少しだけ人気者になれれば、それをポジティブな道へつなげることができる。還元したいんだ。それは僕の挑戦していることだ」

「父を亡くした13歳の時、フットボーラーになることを決意した。家族を守る責任が僕の肩にのしかかった。男になったよ。プロ選手になるのは目標ではなかった。義務だった」

「昨日、ある人から17歳でパリ・サンジェルマンのキャプテンになることは難しいことかどうか僕に尋ねられた。僕はこう言った」

「僕の人生で最も困難だったことは、13歳で家族のキャプテンになったことです」

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)が「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
新時代の幕開けだ!2019 Jリーグ開幕特集
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|2019シーズン開幕前に知っておくと得する4つのこと
白熱のJリーグ!2019シーズンの展望|優勝候補や得点王候補など

Goal-live-scores

閉じる