広島MF長沼洋一「成長して帰ってきたい」…山形へ育成型期限付き移籍

コメント()
J.LEAGUE PHOTOS
サンフレッチェ広島MF長沼洋一がJ2のモンテディオ山形へ育成型期限付き移籍。

サンフレッチェ広島は18日、MF長沼洋一がJ2のモンテディオ山形へ育成型期限付き移籍することを発表した。移籍期間は2018年1月31日までとなり、期間中は広島と対戦するすべての公式戦に出場できない契約となっている。

長沼は広島ユース出身の20歳。今シーズンはJリーグYBCルヴァンカップで6試合1得点、天皇杯では1試合に出場していた。また、2014年から世代別の日本代表に選出された経験もある。

移籍にあたり長沼は広島の公式サイトで「このタイミングでチームを離れることになり迷惑をかけますが、自分が一段階でも二段階でも上の選手になるために決断しました。成長して広島に帰ってきたいと思いますので、今後とも応援をよろしくお願いします」とコメント。

新天地の山形を通じては「モンテディオ山形の勝利に貢献できるように精一杯、頑張ります」と意気込んでいる。

▶Jリーグのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう

閉じる