「少しだけ心配…」サッリがフランクフルト戦前のCBコマ不足に頭を抱える

コメント()
Getty Images

チェルシーのマウリツィオ・サッリ監督は、離脱者を多く抱えるセンターバックの陣容に頭を抱えているようだ。

現在プレミアリーグで4位に位置し、ヨーロッパリーグ(EL)でもベスト4にまで駒を進めたチェルシー。来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を懸けての戦いも正念場を迎える同クラブは、2日のEL準決勝でフランクフルトと対戦する。

しかし、この試合を前に、チェルシーのDF陣には故障者が続出。アントニオ・リュディガーは膝の負傷により今シーズン中の復帰が見込まれず、ギャリー・ケイヒルもアキレス腱を痛めて帯同メンバーから外れている。そのため、起用できるセンターバックはダビド・ルイスとアンドレアス・クリステンセンのみと、不安を抱えた状態で敵地での一戦を迎えることになっていると、サッリ監督は心配を口にした。

「センターバックにトラブルを抱えている。トレーニングでは、大事に備えて(セサル)アスピリクエタをセンターバックで起用した。ここのポジションを本職以外でプレーできるのは彼しかいない。我々は58試合を戦ってきたから、このような問題が起きることは至って普通のことだ。心配しているかって?少しだけしている」

続けて「クリステンセンは準備ができている。彼はとても重要な試合で良いプレーを見せてきた。だから彼は問題なんかではない」と今シーズンここまでカップ戦を中心に公式戦25試合に出場するクリステンセンへの信頼を強調。しかし、サッリ監督は「一番の問題は(ディフェンダーの)数だ」と万全の態勢でこの一戦に臨めないことを嘆いている。

DF陣に不安を抱えるチェルシーは、今夏の注目株ルカ・ヨヴィッチを擁するフランクフルトを相手に無失点でファーストレグを終えられるのだろうか。

▶UEFAヨーロッパリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の記事です

Goal-live-scores

閉じる