大島僚太が右ヒラメ筋肉離れで全治約5週間…負傷者続出の川崎Fにさらなる痛手

コメント()
(C)Getty Images for DAZN
川崎フロンターレのMF大島僚太が右ヒラメ筋肉離れと診断された。全治まで約5週間を要する見込み。

川崎フロンターレは4月5日、MF大島僚太が右ヒラメ筋肉離れと診断されたと発表した。大島は明治安田生命J1リーグ第5節・ベガルタ仙台戦で負傷。4日に川崎市内の病院で検査していた。全治まで約5週間を要する見込みだ。

大島は今季J1開幕戦から先発起用されていたが、仙台戦の53分に担架に乗せられ、ピッチを去っていた。川崎Fは、GKポープ・ウィリアム、DF井川祐輔、DF武岡優斗、DFエウシーニョ、DFエドゥアルド、DF舞行龍ジェームズ、MF田坂祐介、MF阿部浩之、MF田中碧、MF家長昭博らが負傷離脱している。

閉じる