大一番でシュートを防げず…デ・ヘアに批判殺到、SNSでは「スペインのカリウスだ」

コメント()
Getty Images
バルセロナを前に、CL8強で散ったマンチェスター・U。第2戦でコースの甘いシュートを防ぐことができなかったGKデ・ヘアに、批判の声が殺到している。

現地時間16日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝第2戦、バルセロナvsマンチェスター・ユナイテッドは3-0でバルセロナが勝利を収めた。2戦合計4-0でバルサがCL4強入りを決める結果となったが、第2戦でのユナイテッド守護神ダビド・デ・ヘアのプレーに思わぬ批判が集中している。

16分にリオネル・メッシが右サイドからカットインし、左足で先制弾を記録。これはGKとしてほぼノーチャンスだったものの、話題となっているのがその4分後の2失点目だ。

バイタルエリア中央から縦にドリブルを仕掛けたメッシは、利き足ではない右足でシュートを放つ。シュートコースは決して厳しいものではなかったが、デ・ヘアは倒れながらのセーブで目測を誤り、ストップに失敗。シュートは脇の下を抜け、そのままネットに吸い込まれた。

このワンプレーを受けてスペイン『AS』は「メッシのシュートを防ぐどころか、基本的なスキルを披露することもできなかった。ボールストップの練習からやり直す必要があるかもしれない」と辛らつな内容で伝えた。

また、マンチェスター・Uファンの間ではSNSで「(オレ・グンナー)スールシャールが1999年に演出したカンプ・ノウの奇跡から20年経過し、デ・ヘアがあんなプレーを見せるとは」「あの恥ずかしいプレーから(マッシモ)タイービを思い出した」「デ・ヘアは酷いシーズンを送っているな」「デ・ヘアは新しいGKコーチにロリス・カリウスを雇ったようだ」「これはまさにダビド・デ・タイービだな」「スペインのカリウスだね」といった意見が相次いだ。

GKタイービといえば、1999年にマンチェスター・Uへ加わったイタリア人GKで、初年度に3-3で引き分けたサウサンプトン戦で2つの大きなミスを見せたことから、アレックス・ファーガソンからの信頼を失い、出場試合数はわずか4にとどまった。“ユナイテッドによるGKの補強失敗例”としてその後もしばしば話題になる。

そしてGKカリウスはリヴァプールに所属していた17-18シーズンのCL決勝、レアル・マドリー戦でカリム・ベンゼマに先制点を献上する不用意なミスを見せ、その後ギャレス・ベイルのミドルシュートをディフレクトしようとして失敗。弾いたボールがそのままゴールへと吸い込まれ、2失点に関与した。リヴァプールは1-3で敗れ、チームやファンからの信頼を失ったカリウスは今季、期限付き移籍でベジクタシュへと放出されている。

これまで、11-12シーズンからマンチェスター・Uの正GKとして数多くのビッグセーブを見せてきたスペイン代表GKデ・ヘア。だが、ファンからのデ・ヘアに対する評価は、CL準々決勝バルセロナとの第2戦を境に大きく変わってしまう可能性があるようだ。

▶UEFAチャンピオンズリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の記事です

Goal-live-scores

閉じる