大一番でキャッチミス、ブッフォンに辛らつ意見続々…英メディアは「41歳普通の人間だと証明」

コメント()
Getty Images
CLラウンド16、パリSGvsマンチェスター・Uは2戦合計3-3、アウェーゴールでマンチェスター・Uが勝ち上がった。2戦目で失点の一因となったブッフォンに批判的な声が続出している。

現地時間6日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ、ラウンド16第2戦のパリ・サンジェルマンvsマンチェスター・ユナイテッドは1-3で決着。初戦を0-2で落としていたマンチェスター・Uが、2戦合計3-3に持ち込み、アウェーゴールによる大逆転でCL8強進出を決めた。

この試合でパリSGのゴールを守ったジャンルイジ・ブッフォンが、2失点目を誘発したことにより、SNSで批判の声が寄せられている。

1-1で迎えた前半30分、マーカス・ラッシュフォードがミドルを放ち、ブッフォンはポスト際でキャッチミス。そのこぼれ球に詰めたロメル・ルカクが押し込んで、マンチェスター・Uが2点目を決めた。このままなら2戦合計3-2でパリSGの勝ち上がりだったが、後半ATにラッシュフォードがPKを沈め、2戦合計3-3に。アウェーゴールでマンチェスター・Uが勝ち上がりを決めている。

敗退の一因になったブッフォンのキャッチミスについて、SNSでは「ブッフォンはビッグイヤーを掲げるためにパリに来たらしいが、全く逆効果だった」「(ロリス)カリウスがブッフォンに憑依した」「ブッフォンの不用意なミスを見ると、自分の父親の失敗を見ているようで悲しくなる」「ブッフォンは現役を退く時が来たんじゃないか」といった辛らつな意見が相次いだ。

イギリスメディア『DREAM TEAM』はブッフォンのこのワンシーンについて「マンマ・ミーア! ブッフォンは普通の人間であることを41歳にしてようやく証明した」という見出しで次のように伝えた。

「ベテランのGKはチャンピオンズリーグで優勝したことがなく、パリSG入りを決断したが同コンペティションで早期敗退を招いた。これまでブッフォンは大一番でこんなミスをするようなGKではなかった」

「実際、ここ20年は世界最高のGKとして名を馳せ、IFFHS世界最優秀ゴールキーパーも5度受賞している。直近では2017年にこの賞に選ばれた。だが、このシニアは40代となり、シュートストップで明確な衰えを見せてしまった」

今シーズン、パリSGに加わったベテランのブッフォンは「ビッグイヤーを掲げるため」とリーグ・アン挑戦の理由を公言していた。

だが、CLラウンド16第2戦では2失点目を招いて敗退の一因となったことで、ブッフォンの衰えを指摘する論調が巻き起こっているようだ。

▶UEFAチャンピオンズリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)が「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZN(ダゾーン)の解約・再加入(一時停止)の方法とは?
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
白熱のJリーグ!2019シーズンの展望|優勝候補や得点王候補など

Goal-live-scores

閉じる