圧巻2ゴールの堂安律、決勝トーナメント進出で「ホッとしている」

コメント()
©Hiroyuki SATO
FIFA U-20 ワールドカップ韓国2017・グループステージ第3戦でU-20日本代表とU-20イタリア代表が対戦し、2-2で引き分けた。これで日本は勝ち点4のグループD3位となり、決勝トーナメント進出を決めた。試合後、2得点を挙げたMF堂安律がフラッシュインタビューに応えた。

FIFA U-20 ワールドカップ韓国2017のグループステージ第3戦が27日に行われ、U-20日本代表はU-20イタリア代表と対戦し、2-2で引き分けた。この結果、日本はグループD3位ながら決勝トーナメント進出を決めた。

日本は開始7分で2失点する苦しい展開となったが、22分にMF遠藤渓太のアーリークロスをMF堂安律がジャンピングボレーで合わせて1点を返す。50分には堂安が鮮やかなドリブル突破からこの試合2点目を奪い、同点に追いついた。このまま試合は引き分けに終わり、3位でグループステージ突破を果たした。

2ゴールでチームを救った堂安は「ホッとしています」と安堵の表情を見せた。自身の1点目については「遠藤選手がいいボールをくれたので、自分はなんとか足を伸ばして、(決められて)よかった」と回想。圧巻の個人技から決めた2点目については「あれは自分の特長なんで」と、持ち味を発揮した得点に笑顔見せた。

この日はウルグアイ戦で負傷し、チームから離脱したFW小川航基がスタンドから戦況を見守った。2点目の後に小川のユニフォームを掲げたことについては、「今まで一緒に戦ってきた仲間なので。本当にあいつの分まで頑張るって気持ちでピッチに立ったので、決勝トーナメントに行けてホッとしている」と想いを明かした。

サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる