名DFがファン・ダイクのバルサ戦ミスを指摘「彼は有罪。難しいことじゃない」

(C)Getty Images

現役時代にイングランド代表のDFとして活躍したリオ・ファーディナンド氏が、バルセロナ戦のリヴァプールDFヴィルヒル・ファン・ダイクのプレーについて語った。

リヴァプールは、1日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝ファーストレグでバルセロナと対戦し、0-3で敗れた。26分に奪われた先制点の場面では、ジョルディ・アルバのクロスに対して、ルイス・スアレスがファン・ダイクとマティプの間で裏のスペースに走り込み、そのままダイレクトシュートで決めた。

この場面、ニアサイドのマティプはスアレスが背後のポジションだったが、さらに後ろのファン・ダイクはウルグアイ代表FWの動きを視認できるポジションにいた。ファーディナンドは、ファン・ダイクがスアレスに付いていくべきだったとして、『BT Sport』で以下のように話した。

「ファン・ダイクはミスを犯した。彼はスアレスをしっかりと見ることができた。これは難しいことではない。付いていくべきだった。彼がマークすべき状況だ。スアレスは裏に走った。ファン・ダイクは何もせずに止まっていた。有罪だ」

「まずマティプがボールカットできる状況か、それは無理だった。ならば自分がマークを外さずに付いていき、対応すべきだった。彼もそれをしなかった自分に失望しているはずだ。間違いない」

ファン・ダイクは今シーズン、ハイパフォーマンスを続けてPFA年間最優秀選手賞を受賞。獲得するタイトル次第ではバロンドールの有力候補にも挙がるとも言われていた。

▶UEFAチャンピオンズリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の記事です

Goal-live-scores

閉じる