吉田麻也のハンドでのPK判定に海外有力メディアも同情 「これまで見た中で最もバカげたPKの一つ」

コメント()
(C)Getty Images

▶期間限定2ヶ月間無料トライアル実施中!サッカー観るならDAZNで。

日本代表は1日、アジアカップ2019決勝でカタール代表に1-3で敗れ、アジア王者奪還を逃した。イギリスの有力メディアである『ガーディアン』は、日本の3失点目の原因となったPKについて、「これまで見た中で最もバカげたPKの一つ」と伝えていた。

12分、27分と立て続けに失点した日本は、後半から反撃。69分に南野拓実のゴールで1点差に詰め寄ったものの、83分には相手と空中戦で競り合った際に吉田の手にボールが当たる。VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)での検証の結果、主審のラフシャン・イルマトフ氏はPKと判定。これを決められた日本は、そのまま2点差で敗れた。

この試合でライブ・コメンタリーを実施していた『ガーディアン』は、PKのシーンについて、「主審はピッチサイドのモニターを参考にVARを使い、カタールに対して、これまで見た中で最もバカげたPKの一つを与えた。サウサンプトン所属の日本代表DF吉田麻也は、この判定に憤慨していた。空中戦で競り合った際に手に当たったもので、偶発的なものでしかなかった」と、この判定に同情した。ただ、カタールの優勝については、「大会を通じて1失点。総じて見ても優勝にふさわしい」との見解を示した。

今大会、VARは準々決勝から導入されており、決勝のように判定に物議を醸す場面も出た。映像でのリプレイ確認後の判定となることで、これまでの基準とのギャップも指摘されているところだ。

▶期間限定2ヶ月間無料トライアル実施中!サッカー観るならDAZNで。

DAZN2ヶ月無料

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる