【動画】FC東京・森重のFK、実はゴールだった?DAZN配信のJリーグジャッジリプレイで徹底解説

©J.LEAGUE

気になったジャッジを徹底解説する「Jリーグジャッジ リプレイ」の第2回が5日、DAZNで先行配信された。

今回は、Jリーグ原博実副理事長、Jリーグウォッチャーの平畠啓史さんにJFA審判委員会レイモンド・オリバー副委員長が加わり、SNSでつぶやきが多かったシーンを解説した。

『Goal』では同コンテンツの中から、注目のジャッジを1つピックアップ。第2回は、3月2日にShonan BMW スタジアム平塚で行われた明治安田生命J1リーグ第2節の湘南ベルマーレvsFC東京より、森重真人のFKについて紹介する。

■森重のFKは入っていた?

FC東京は59分、PA手前中央からFC東京がFKのチャンスを得ると、キッカーは森重。右足で蹴ったボールは、枠内ゴール右隅を捉えた。これを湘南GK秋元陽太は必死に弾き出した。。しかし、リバースアングルの映像で見ると、「ゴールラインを割っていたのではないか?」、「審判のポジション、あれで仕方がないのか?」といった疑問が多くつぶやかれた。

森重のFKがゴールラインを割っていたか否かについてオリバー氏は「これはゴールです」と迷わず回答。一方で着目したのは「FKの位置」。森重がFKを蹴った位置は「ゴールからおよそ26メートルの場所で、蹴られたボールというのは、平均1秒に35メートル飛びます。得点されるのは1秒以内で行われます。横から見ると副審の位置は、ゴールラインから9メートル離れている」と分析した。

なぜそのような分析をするのか。オリバー氏はその理由として「(副審に)『そこから実際のゴールラインのところに行きなさい』と、もし言ったならば、ウサイン・ボルトよりも速く走らなければいけない」と説明。FKを蹴ったのと同時に副審がゴールラインに走って到達することは不可能であると主張。

続けて「ウサイン・ボルトが1秒間に走る距離は10メートル44です。副審たちに言えることは『ゴールラインまで行かないと、ここから見えないよ』ということ。副審がここで推測をしなかったということは、私が良いなと思ったことです。ですから、彼らは正しいポジションにはいました」と、ゴール判定であったが、副審の判断に誤りはなかったことを説明した。

平畠さんは「ノーマルの映像で見ると、ナイスセーブに見えますよね」という感想を持っていたものの、「リバースアングルで見てしまうと、あらららら。アイタタタ。でも、これを人間の目で確かめようと思ったら、副審の人はあそこのポジションですものね、かなり厳しいんじゃないかな」と、率直な意見を述べた。また、原副理事長も「これは入っているね」と、全員が「入っていた」という見解を見せた。

リバースアングルによってゴールラインを割っていたことが判明したが、結果的に森重のゴールは認められなかった。これについてサポーターの方からも「早くゴールラインテクノロジーを」という声が多く寄せられたという。

原副理事長は、ゴールラインテクノロジーについて実際に費用がいくらかかるとか、そういう議論をしても全然いいと思います」とし、「VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)ばかり言っていますが、VARだけではなくて、まずゴールラインテクノロジーを入れるというのは、いろいろ検討してみたいなと思います」と、最新技術の導入について前向きな姿勢を見せていた。

「Jリーグジャッジリプレイ」は、今季より毎週火曜日にDAZNで先行配信されている。

その他、第2回では川崎Fvs鹿島の『金J』より町田浩樹のゴール取り消しについてなど、気になるジャッジを特集している。
続きはDAZNでチェック▼

『Jリーグ ジャッジリプレイ』を観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)が「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZN(ダゾーン)の解約・再加入(一時停止)の方法とは?
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
白熱のJリーグ!2019シーズンの展望|優勝候補や得点王候補など

Goal-live-scores

閉じる