初招集のFW鈴木、鎌田、DF安西、畠中に関し森保監督、「チームで存在感を発揮することで名前が挙がってきた」

コメント()
©J.LEAGUE

森保一監督は、キリンチャレンジカップ2019のコロンビア代表戦、ボリビア代表戦に臨む日本代表メンバー招集にあたり、初招集の4名について次のように語った。

森保ジャパンの絶対的1トップ・大迫勇也(ブレーメン)が不在の中、白羽の矢が立ったのは鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)と鎌田大地(シント=トロイデンVV)だった。

森保監督は「“大迫頼みの攻撃の戦術”という質問を受けたり、見聞きしたりしているが」と前置きしつつ、「大迫の状態は見ているが、誰が抜けたからではなくて監督としてチームとしてその時のメンバーで最善の戦いをするため、柔軟な戦い方にトライしていきたい」とコメント。そして、新顔のFW鈴木、鎌田に期待することは、「得点です」と明言した。

「(鎌田は)ベルギーでレギュラーシーズンの終盤で得点という結果を残しており、昨年ヨーロッパ視察をしたときも、攻撃の起点・核としてチームで機能しているのを見た」と、自分の目で確認したうえの招集だとする。また、鈴木に関しては「J序盤だが結果を出している。札幌では裏へ抜け出すスピード(を見せている)。日本代表のコンセプトのなかで、そういった自分の良さを最大限に生かしてほしい」とする。

そして、初招集されたDFの安西幸輝(鹿島アントラーズ)、畠中槙之輔(横浜F・マリノス)とともに、「彼らは(所属)チームで存在感を発揮して、代表のスカウティングにも名前が挙がってきて選出された。それは攻撃でも守備でも関係ない。日本代表の戦うコンセプトのなかで彼らの良さを生かしてほしい」と話した。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)が「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZN(ダゾーン)の解約・再加入(一時停止)の方法とは?
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
白熱のJリーグ!2019シーズンの展望|優勝候補や得点王候補など

Goal-live-scores

閉じる