U20W杯を戦う日本代表、南米王者らと同居する「死の組」突破の条件とは?/コラム

コメント()
©Getty Images
いよいよ開幕を迎えたFIFA U-20ワールドカップ韓国2017。5大会ぶりに出場する日本は南米王者・ウルグアイ、欧州2位のイタリア、南アフリカと対戦する。果たしてどんな戦いを見せてくれるのか。U-20日本代表チームを取材するライター・川端暁彦氏がグループステージの展望を予想する。

日本の入ったグループDの「D」は「Group of death」、つまり「死の組」のようである。前日記者会見に臨んだ南アフリカのタボ・セノン監督は「タフグループ」という言葉を連呼しつつ、「南米王者(ウルグアイ)とアジア王者(日本)と欧州で2位のチーム(イタリア)がいるんだぜ」と苦笑いを浮かべていた。韓国のメディアも自分たちの入ったA組と並ぶ激戦区としてD組を推しており、当事者だけが「何か他より厳しい気がする」と感じているわけではない。

そしてこのタフグループを日本は勝ち抜かなければいけない。ところで、U-20ワールドカップのレギュレーションはご存知だろうか。果たして何位までが、どんな条件で抜けられるのだろうか。

実はこの問い、U-20日本代表の内山篤監督も、国内最終合宿が始まって早々に選手たちへ投げかけている。しかし、意外にも(?)誤答続発。そもそも「お前ら、何カ国が参加するか分かっているか?」という質問に対しても、正確に把握していない選手がいたそうだ。選手というのは往々にしてそういうものなので、指揮官も「どうせそうだろうと思っていたから聞いたんだ」と笑っていた。

答えは24カ国が参加し、16カ国がノックアウトステージ(いわゆる決勝トーナメント)へ進む形式。24カ国は6グループに分かれているので、各グループの上位2チームを足すと12チームになる。残る4チームはワイルドカードとも呼ばれる方式で選出される。各グループの3位チーム(計6チーム)を比較し、成績上位の4チームが追加枠でグループステージを抜け出すという方式だ。

2位以内に入ればOKということで間違いないとはいえ、ここは死のグループ。3位に終わる可能性もあるかもしれない。直近の過去5大会を観ると、勝ち点2(つまり2引き分け)で3位突破を果たせたケースはゼロで、反対に勝ち点4で敗退になったケースもゼロ。つまり、1勝1分1敗ならば(2位の可能性も大いにあり)、グループステージを突破できる可能性はかなり高いと観て良さそうだ。1996年のアトランタ五輪における日本のように、2勝1敗の勝ち点6で3位というレアケースならば、当然文句なしだろう。

勝ち点3で突破できるケースは多くないが、決して少なくもない。このため、たとえ2敗で最終戦を迎える最悪の流れであっても(考えたくないが)、このレギュレーションを思い出せば、あきらめる必要がないこともハッキリ分かる。同時に、たとえ負けている場合であっても、得失点差のダメージを負わないことが肝要になる。勝ち点3で抜けるケースはあり得るが、大体が他グループとの得失点差比較の上でのことだからだ。

日本の対戦順は南アフリカ→ウルグアイ→イタリアという並びだ。不安定なユース年代の大会はフタを開けてみないと分からない部分も大きいが、対戦3カ国の中では力的に南アフリカが少し落ちると目されるグループ。ここで「勝ち点3」を確保してしまうことで心理的にどれだけ有利になれるかは、ここまで読んでくれた方なら理解できるだろう。残り2試合で接戦を演じるだけでも、十分に可能性が出てくるからだ。心理的余裕はプレーのクオリティ向上にも繋がるので、自然と勝つ確率も上げられる。やはり、南アフリカとの初戦こそがポイントだろう。

ちなみに、超ウルトラレアケースとして挙げられるのが、本田圭佑(ミラン/イタリア)や梶山陽平(FC東京)、平山相太(ベガルタ仙台)、水本裕貴(サンフレッチェ広島)らが出場した2005年オランダ大会における日本の奇異な勝ち上がり方だ。初戦でオランダに苦杯をなめた日本は、続く2戦で連続ドロー。勝ち点はわずかに「2」と絶望感が漂ったが、決勝トーナメント進出を果たした。まさかの3位抜け? いや、実は2位抜けである。他の2チームもオランダに敗れて、残る2試合は2分けという結果だったため、勝ち点2で3チームが並び、「オランダに最も大敗しなかった日本が得失点差で2位となって勝ち抜ける」という結果になったのだ。

こんなこともあるので、やはり最初から最後まであきらめてはいけないのがこのグループステージ。最終節で他グループの結果をうかがいながら戦う事態にならないことを祈りつつ、もしなってしまったら、それはそれで楽しみたいところである。何せこんなことを考えられるのも、選手たちが10年ぶりにアジアの予選を乗り越えてくれたおかげなのだから。

文=川端暁彦

サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる