元アイルランド代表DFオシェイが現役引退を表明…マンチェスター・Uなどで活躍

コメント()
(C)Getty Images

元アイルランド代表DFジョン・オシェイが4月30日、今季限りでの現役引退を発表した。現所属クラブであるチャンピオンシップ(イングランド2部)のレディングが発表した。

マンチェスター・ユナイテッドのユース出身であるオシェイは、1999年にアレックス・ファーガソン元監督の下でデビュー。最終ラインのあらゆるポジションのほか、中盤のセントラルMFとしてもプレー可能なユーティリティ性を武器に、2011年の退団までの12シーズンで5度のプレミアリーグ優勝や2007-08シーズンのチャンピオンズリーグ制覇など多くのタイトルを獲得した。その後、サンダーランドで7シーズンにわたってプレーしたのち、昨年の夏にレディング入りしていた。

レディングは公式ツイッターで、「20年のキャリアで可能な限りすべてのタイトルを獲得してきたフットボーラーで、どんな選手でも誇りに思うほどのメダルコレクションを手にした。ピッチ外でも素晴らしく、謙虚で誠実な人物でした。お誕生日おめでとう。あなたのキャリアの次の章が素晴らしいものであることを願っています」と、オシェイへの感謝をつづり、そのキャリアを称賛した。

自身の38歳の誕生日である4月30日に引退を表明したオシェイは、アイルランド代表としても119試合に出場。2度のEURO出場などを経験していた。

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の記事です

Goal-live-scores

閉じる