「今ではネイマールより良い」素行不良は過去の話?バルサ会長がデンベレを絶賛

コメント()
Getty

バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長は、ウスマン・デンベレがネイマールよりも優れた選手だと主張した。

2017年夏に史上最高額の2億2200万ユーロ(当時約290億円)でネイマールはバルセロナを退団し、パリ・サンジェルマンに移籍。この移籍金を利用して、バルセロナはドルトムントから1億500万ユーロ(当時136億円)でデンベレを獲得すると、2018年冬には1億2000万ユーロ(当時約163億円)でリヴァプールからフィリペ・コウチーニョを補強した。

一時は素行不良で問題児扱いされていたものの、今ではバルセロナにフィットし、今シーズンここまで全公式戦で14ゴールを記録するなどの成長を見せるデンベレ。バルトメウ会長はスペイン『TVE』でコウチーニョとともに賛辞を送った。

「デンベレの現レベルはネイマールよりも優れていて、ネイマールよりもかなり良い選手だ。コウチーニョも最高の選手で、エクセレントだ。もちろんバルサでプレーすることは簡単ではないが、彼も徐々に良くなっている。彼はこれからもここでプレーを続ける。異なるタイプの選手であり、バルサにはそのような選手が必要だ」

また、2月にはアヤックスで活躍するフレンキー・デ・ヨングと今夏の加入で契約を結ぶなど早くも積極的な補強を進めるバルセロナのバルトメウ会長は、補強プランについても言及した。

「我々は夏にデ・ヨングと契約するつもりだったが、他のチームも彼を欲しがっていて、大きなプレッシャーがあった。だから、一足早く契約を結んだ。我々はアヤックスと良い関係を築けている。ただ、(マタイス)デ・リフトのことは何もわからない。それでも、彼は我々のチームに合うと思うし、私は彼のプレーを気に入っている。確かにアヤックスは選手を売るクラブで、彼は移籍市場に並ぶことが予想されるが、我々はまだ移籍について話し合っていない」

「(アントワーヌ)グリーズマンについては検討していない」

今シーズン、ここまで3冠の可能性を残すバルセロナは、16日にチャンピオンズリーグ準決勝進出を懸けてマンチェスター・ユナイテッドと対戦する。

▶ラ・リーガ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の記事です

Goal-live-scores

閉じる