井手口陽介、レンタル先フュルトが買い取り希望…GM「ほかの誰にもないものを与えてくれる」

コメント()
Getty Images
長期離脱を強いられたもののクラブは能力を評価。

ブンデスリーガ2部グロイター・フュルトは、現在レンタルで加入中の日本代表MF井手口陽介の完全移籍での獲得に向けて動き出したようだ。地元紙『フュルター・ナハリヒテン』が伝えた。

昨夏にリーズ・ユナイテッドから1シーズンの期限付きでフュルトに渡った井手口だが、昨年9月の第5節ホルシュタイン・キール戦でデビューを果たすと、いきなりゴールをマーク。しかし、フュルトでの4試合目となったディナモ・ドレスデン戦で右ひざ後十字じん帯断裂の重傷を負うと、1月には半月板を損傷し、トップでの公式戦復帰は今月6日に行われた第32節ケルン戦となってしまった。

シーズンのほとんどを負傷で棒に振ったものの、フュルトは22歳のMFに引き続き期待を寄せているようだ。報道によれば、買い取りオプションを確保している同クラブだが、ラシード・アズージGM(ゼネラルマネジャー)はすでにリーズとの交渉に入っているとのこと。同紙で「彼は我々にうちのチームではほかの誰にもないものを与えてくれる」と井手口への高い評価を口にした。

リーズとのレンタル契約に定められている移籍金は明かされていないが、現在14位と低調なシーズンを過ごし、テレビ放映権による収入も予想以下となるフュルトにとって、その金額は高すぎる模様。交渉によって移籍金の引き下げを目指しているという。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です

Goal-live-scores

閉じる