中村憲剛、2試合連続ドロースタートに落胆「ホーム2連戦で勝ち点2はあってはいけない」

コメント()
©J.LEAGUE

川崎フロンターレは1日に行われた明治安田生命J1リーグ第2節で鹿島アントラーズと対戦し、1-1で引き分けた。この一戦でチームの今季リーグ戦初ゴールをマークした中村憲剛が試合後、フラッシュインタビューに応じた。

川崎Fは、開始9分にCKのチャンスを得ると中村憲剛が右足で決めて幸先よく先制する。しかし21分、ロングボールから伊藤翔に決められ、失点。試合を通して攻勢に出たものの、1-1で終了。ホーム2連戦で勝ち点3を手にすることができなかった。

「正直もったいない試合。それに尽きると思います。失点も1本のロングボールですし、得点チャンスもいっぱい作っているなかで、決めないとFC東京戦みたいな試合展開じゃないですけど、ここまで押し込んでいるんだったら決めないといけないですし、見ている皆さんももどかしいと思う。やっている方も中々スイッチが入っていかないというか」

「そういう中でもみんな必死に得点を奪いに行ったところは評価できると思いますが、ホーム2連戦で勝ち点2はあってはいけないと思う。FC東京戦より進歩した部分は間違いなくあるので、次に向けて大会代わりますけど、しっかり準備したいと思います」

自身のFKについては「浮いた瞬間に決まる予感はあった」と中村。「落ち着いて蹴れましたし、今シーズン初ゴールということでチームに勢いを乗せられるかなと思っていましたが、あのあと簡単に失点してしまったので、みすみす自分で流れを途絶えさせてしまったのは、全員の集中力に欠如だと思います」と反省の言葉を口にした。

「そういうところを詰めていかないと、鹿島はついてくるし、そういう意味では得点を取りましたけど、もっともっとチャンスがありましたし、決めないといけないと思います」

「チャンスはないわけではないので、前の試合より増えましたし、決めないと行けないと思います。本当にそれだけだと思います」と、最後は決定力不足の改善を強調していた。

川崎Fは6日にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ第1節で上海上港とアウェイで対戦する。

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)が「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
新時代の幕開けだ!2019 Jリーグ開幕特集
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|2019シーズン開幕前に知っておくと得する4つのこと
白熱のJリーグ!2019シーズンの展望|優勝候補や得点王候補など

Goal-live-scores

閉じる