ロシアW杯日本戦で同点弾のフェライニ、12年間にわたるベルギー代表キャリアに終止符

コメント()
Getty Images

元マンチェスター・ユナイテッドで、現在中国の山東魯能でプレーするマルアン・フェライニがベルギー代表からの引退を発表した。

2007年2月にフル代表デビューを飾ったフェライニは以降、12年間にわたり同国の中心選手として活躍。昨夏のロシア・ワールドカップでは、日本戦で途中出場して貴重な同点ゴールを奪うなどベルギー史上最高位となる3位フィニッシュに大きく貢献した。しかし7日、同選手は自身のツイッターで代表キャリアに幕を下ろすことを綴った。

「ベルギー代表として12年間プレーした後、代表から引退することを決めた。簡単な決定ではないけれど、僕にとって退くには適切なタイミングだと感じたし、ベルギー代表の成功を継続するために次の世代に席を譲る時だと感じた」

「2度のワールドカップ、欧州選手権を含めた87試合で母国を代表して戦えたことは名誉だった。2007年にデビューしてから昨年のロシアでのワールドカップまでレッド・デビルズとともにたくさんの素晴らしい思い出を作れた。FIFAランキングで1位になれたこともとても誇らしく思う」

「チームメイトをはじめとした代表でのキャリアで関りを持った全ての人に感謝したい。それに、ベルギーのファンにも感謝を伝えたい。これから始まるユーロの予選で、監督とチームが成功することを祈っている。ありがとう、ベルギー」

モロッコ代表としてもプレーできる権利を有していたフェライニは、ベルギーの代表チームを選択し、以降87キャップ、18ゴールを記録。昨年10月の2-1で勝利したスイス戦を最後に代表から遠ざかっていたことを受け、31歳で代表でのキャリアに終止符を打った。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)が「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZN(ダゾーン)の解約・再加入(一時停止)の方法とは?
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
白熱のJリーグ!2019シーズンの展望|優勝候補や得点王候補など

Goal-live-scores

閉じる