“レアル・マドリーの至宝”はやはり凄かった!ラウール氏が地元マラソンで3時間切り

コメント()
(C)Getty Images

レアル・マドリーのレジェンドであり、現在は指導者業に転向しているラウール・ゴンサレス氏が、フルマラソンで好タイムを叩き出した。スペイン『マルカ』が報じている。

下部組織時代にアトレティコ・マドリーからレアル・マドリーに移り、当時クラブ最年少記録の17歳4カ月にしてトップチームデビューを飾ったラウール氏。その後、サンティアゴ・ベルナベウで最も愛される選手の1人となり、6度のリーガ・エスパニョーラ制覇と3度のチャンピオンズリーグ(CL)制覇をもたらした。

2015年に引退した“マドリッドの至宝”は、2016年11月にもニューヨーク・シティマラソンに参加。初の参戦となったその大会で、3時間26分5秒という好成績を残したことが話題となっていた。

そして先日、ラウール氏は41歳にして2度目の大会に参加。地元マドリッドで開催された伝統的なマラソンにおいて、2時間59分25秒という素人らしからぬ数字を残したようだ。

なお、同大会における記録保持者はケニア人のレーベン・ケリオ氏で、タイムは2時間8分18秒。スペイン人としてのレコード保持者であるハビ・グエラ氏は2時間10分19秒だ。

約2年半の間に30分近くタイムを縮めたラウール氏は現在、レアル・マドリーの下部組織でフベニルB(U-18年代)のコーチを務めている。トップレベルでの指揮に必要なUEFAプロ・ライセンスの取得状況も最終段階に入っているようであり、今度はピッチ内で再び話題を集めることになるかもしれない。

▶ラ・リーガ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の記事です

Goal-live-scores

閉じる