リヨンMFトゥザール「太刀打ちできないほど素晴らしい」一矢報いるもバルセロナの強さを称賛

コメント()
Getty Images
CLラウンド16のバルセロナvsリヨンは、バルセロナの勝ち上がりが決まった。第2戦の試合後、リヨンのMFトゥザールがバルサとの実力差は明白だったと振り返っている。

現地時間13日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ、ラウンド16第2戦ではホームのバルセロナが大勝し、2戦合計5-1で勝ち上がりを決めた。

ホームの初戦を0-0で終え、敵地での第2戦に臨んだリヨンだったが、改めて地力の差を見せつけられる結果となってしまった。試合後、58分に1点を決めたリヨンのリュカ・トゥザールが『RMC Sport』に対し、バルセロナの強さについて賛辞を贈っている。

「僕らは今夜、まともに太刀打ちができないほど素晴らしいチームと戦った。バルサというチームが、僕らより圧倒的に優れていることは間違いないし、この結果を受け入れるしかない」

リオネル・メッシへの対策があったかどうか問われると「いや、メッシを止めるための特別な案があったわけではないよ。ただ、彼のような天才的なプレーヤーを止めることは本当に難しい」と続け、2ゴール2アシストで勝敗を決した相手エース、メッシを手放しで称賛した。

カンプ・ノウで改めて強さを見せつけ、CLベスト8入りを決めたバルセロナ。1点を決めて一矢報いたトゥザールからしても、その強さには賛辞を贈るしかないようだ。

▶UEFAチャンピオンズリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)が「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZN(ダゾーン)の解約・再加入(一時停止)の方法とは?
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
白熱のJリーグ!2019シーズンの展望|優勝候補や得点王候補など

Goal-live-scores

閉じる