リバウドが主張「今年のバロンドールはメッシ」C・ロナウドとの比較にも言及

コメント()
(C)Getty Image

バルセロナOBのリバウド氏が、今年のバロンドールについて見解を示している。

サッカー界最高の個人賞として毎年注目を集めるバロンドール。2018年はレアル・マドリーMFルカ・モドリッチが獲得したものの、それまではユヴェントスFWクリスティアーノ・ロナウドとバルセロナFWリオネル・メッシの独占状態が続いており、両者は最多受賞者として5度の受賞で並び立っている。

かつてバルセロナやブラジル代表で活躍し、1999年にバロンドールを手にした経験を持つリバウド氏は、メッシが今年の栄冠に相応しいとの見解を示した。

「私の見解として、今シーズンのバロンドールはあれだけのことをしたメッシだ」

「彼はチャンピオンズリーグを勝ち取れなかったが、あれは個人賞だ。多くの得点、重要な得点を記録した」

メッシは2018-19シーズン、公式戦50試合51ゴール22アシストという圧倒的な成績を記録。チャンピオンズリーグ(CL)こそ逃したものの、リーガ・エスパニョーラ連覇の立役者となった。

とはいえ、ライバルであるC・ロナウドもユヴェントス加入初年度ながら公式戦43試合28ゴール10アシストを記録し、セリエA8連覇に貢献。また、ポルトガル代表としてもUEFAネーションズリーグ初代王者に輝いた。リバウド氏は、両者の比較についても触れている。

「彼ら(メッシとC・ロナウド)はあのように偉大な選手たちで、私はどちらも好ましいと思う。メッシはバルセロナでいつも違いを作り、ロナウドはすべてのクラブやナショナルチームでそうする。ユヴェントスやポルトガル代表などね」

「またワクワクさせられることになる。彼らについて語ることは良いものだ。彼らはどちらもとても多くのゴールを決める」

▶バルセロナが楽天カップで来日! | 7/23(火) vsチェルシー チケット発売中!

Rakuten Cup_Fixture_v2

▶ラ・リーガ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です

Goal-live-scores

閉じる