ニュース ライブスコア
プレミアリーグ

ランパード、移籍希望も残留のジルーに言及「前向きに臨んでくれたら起用を考える」

19:30 JST 2020/02/02
Frank Lampard Chelsea
今冬の移籍市場でチェルシー退団を望んでいたとされるジルーは残留が確定。指揮官ランパードはジルーの姿勢に懐疑的な見方をしているようだ。

チェルシー指揮官フランク・ランパードが、移籍を志願しながらもチェルシー残留となったフランス代表FWオリヴィエ・ジルーについて言及した。

1日に行われたプレミアリーグ第25節レスターvsチェルシーは2-2で決着。3位vs4位の上位対決は勝ち点1を分け合う結果となった。

この試合でチェルシーの前線はタミー・エイブラハムが入り、ミヒー・バチュアイがベンチスタートとなった。ジルーは招集外となったが、指揮官ランパードは「移籍市場の動きとは何も関係ない」とジルーがメンバー外となった理由について語った。

ランパードは『BT Sport』のマイクを通して「彼は確かにここ数日、移籍に向けた動きをしていたみたいだね。ただし今回のレスター戦でメンバー外になったのは、その動きと何も関係がない」と発言。

「オリヴィエ不在でそのまま敵地に乗り込む形になった。彼はトレーニングで前向きに、自分のできることをしっかり示してくれたらピッチに送り出すことを考える。これは私がスタメンやチーム構成を決める際の判断基準だ」

EURO2020のフランス代表入りを狙うジルーは、今季ここまでリーグ戦5試合に出場。出番を求めて今冬の移籍を希望していたようだが、結果として移籍は実現せず、契約満了となる6月までウェストロンドンに留まることが決まった。指揮官ランパードはここしばらくのジルーの言動や練習に臨む姿勢について、快く思っていなかったようだ。

結果的にチェルシー残留となったジルー。果たしてエイブラハム、バチュアイらとのポジション争いで自らの優位性を示すことができるのか。EURO2020のフランス代表メンバー入りを目指すジルーにとっては、窮地に追い込まれる状況となった。

▶プレミアリーグ 2019-20シーズンDAZN完全独占!プレミアリーグ観るならDAZN。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法7つを厳選!超簡単な視聴方法を紹介
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説  ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です