ニュース ライブスコア
親善試合(クラブ)

ランパード監督、D・ルイスが日本のサポーターへ特別な思い語る「いつも親しみを持って…」

17:33 JST 2019/07/20
2019-07-20-lampard

来日に際し、チェルシーのフランク・ランパード監督、DFダビド・ルイス、MFクリスチャン・プリシッチが、都内で行われたナイキ主催のトークセッションに姿を見せた。

イベントでは抽選で当選した一般客も招かれ、3人が登場した際にはクラブのチャントを歌って迎えた。3人ははにかみながら笑顔を見せると、ランパード監督は日本について「すでに2、3回来たことがある」とし、好印象を語る。

「いつでも大きなサポートを受けていると感じられる。日本の皆さんは親しみを持って、素晴らしい歓迎を受けていることに感謝している」

また、ルイスは日本のサポーターについて「特別に思っている」と話し、感謝の言葉を続ける。

「日本に来たときだけじゃなくて、ロンドンにいるときも、わざわざ日本から来たサポーターがスタジアムの外で待っていてくれたり、大きなサポートを感じられる。簡単に来れるところではないので、感謝している」

ドルトムントから加入し、先日チェルシーでの実戦デビューを飾ったプリシッチは、自身の武器について「クリエイティブな攻撃。楽しみながらプレーしていくことを意識している」と説明。さらに、それを実現するナイキのスパイクに関しても思いを語った。

「僕は小さい頃から覚えている限り、マーキュリアルを履いているし、デザインも大好きだ。このシューズに関してはチェルシーカラーだし、白のモデルはアメリカの国旗も入っていて、アメリカ人としては大好きなものになっているね」

■ランパード「今のチームにフォーカスする」

イベント後の取材では、今季の目標やすべきことを問われたランパード監督、エデン・アザールのレアル・マドリー移籍については「もちろん世界最高の選手を失ったというのはどのチームにとっても痛手になると思う」としつつ、こう話した。

「ただ、やることは今のチームにフォーカスすること。特に若い選手にしっかりと成長し、ステップアップしてもらうことを期待している。そうすれば、いいチームになると思う」

最後に、新シーズンに期待するファンへ向けて指揮官は「本当にサポートには感謝している。これからのシーズンはベストを尽くしていきたいと思う」と意気込みを語った。

また、サプライズで集まったファン全員へ3人の直筆サインがプレゼント。選手、ファンともに笑顔を見せ、しばしの交流を楽しんだ。

なお、チェルシーは23日に、楽天カップでバルセロナと対戦する。

▶バルセロナが楽天カップで来日! | 7/23(火) vsチェルシー チケット発売中!

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です