ニュース ライブスコア
セリエA

ユーヴェSD、リヴァプールMF獲りを明言もバロテッリ移籍の噂は完全否定

14:25 JST 2018/01/23
Mario Balotelli Nice Dijon Ligue 1 05112017
イタリアメディアのインタビューを受けたユヴェントスのジュゼッペ・マロッタSDは、マリオ・バロテッリへの興味を完全否定した。

ユヴェントスのジュゼッペ・マロッタSD(スポーツディレクター)が22日、イタリアメディア『メディアセット・プレミアム』のインタビューに応じ、今冬の移籍市場についてコメントを残した。

ユヴェントスがニースに所属する元イタリア代表FWマリオ・バロテッリの獲得を目指しているとのイギリス発の報道がメディアを賑わせたが、マロッタSDは完全否定した。

「我々としてもバロテッリには敬意を示しているし、愛着を感じているが、これはファンタジーサッカー(ゲーム)のようなニュースか、ガセネタだ。彼は我々が興味を抱いているタイプの選手ではない」

バロテッリは昨シーズン、リーグ・アン23試合に出場して15得点を挙げ、ニースを3位に導いた。今シーズンもリーグ戦16試合に出場、12得点をマークし好調を維持している。だが、FWゴンサロ・イグアインやFWパウロ・ディバラ、FWマリオ・マンジュキッチら強力な攻撃陣を擁するユヴェントスが探す選手のプロフィールとは一致しないと、マロッタSDは説明した。

またバロテッリ同様に移籍の噂が流れているラツィオのオランダ代表DFステファン・デ・フライやリヴァプールのドイツ代表MFエムレ・カンについても触れた。マロッタSDは、デ・フライへの興味を否定したものの、カン獲得を目指すことを明言した。

「デ・フライは我々のターゲットではない。エムレ・カンは現在、リヴァプールの選手だ。契約が6月30日に切れることは把握しているが、彼が契約を更新する可能性もある。交渉の準備はできているので、彼の獲得を目指すつもりだ。ここへ連れてくることができないかもしれないが、クラブとして難しいターゲットに挑戦するのも良い」

▶セリエAを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。