ユヴェントス、カン獲得に32億円を準備…リヴァプールは放出に否定的な姿勢

コメント()
ユヴェントスがドイツ代表MF獲得を狙う。しかし、リヴァプールは放出を渋っているようだ。

ユヴェントスはリヴァプールのMFエムレ・カンの獲得を熱望しているようだ。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

カンはリヴァプールとの契約が残り1年となっているものの、いまだクラブとの契約延長には至っていない。一方で、リヴァプールも高額オファーのみを待っている状況で、ユヴェントスは手をこまねいている状況だ。

広告

ユヴェントスは中盤の守備的MF獲得に2300万£(約32億5000万円)を準備できると伝えられているが、リヴァプールはより良い条件を求めると見られている。

なお、リヴァプールは今夏、カンと同ポジションのRBライプツィヒMFナビ・ケイタ獲得を目指しており、それがカンの契約延長への意思を鈍らせているようだ。

▶セリエAのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
柴崎岳、ダービーで開幕戦以来8試合ぶりに先発のチャンス?サイドでの起用か
次の記事:
2戦連続先発も…英メディアは武藤嘉紀を辛辣評価「インパクトを残せなかった」
次の記事:
プレミア9試合7勝2分はリヴァプール優勝へのサイン?クロップ「悪くないね!」
次の記事:
アトレティコ、苦手ビジャレアル戦をドローで終える…報われない“世界最高GK”オブラクが超絶セーブ5連発/リーガ第9節
次の記事:
イニエスタも認める川崎Fの強さ。中村憲剛は手応え「自分たちにより自信を持てた」
閉じる