ユナイテッドのレジェンドがポグバに苦言「クラブに忠誠を誓うべき」レアルへの憧れ公言にクギ

コメント()
Getty Images
マンチェスター・UのOBであるオルセン氏がポグバの姿勢に苦言を呈している。

マンチェスター・ユナイテッドのポール・ポグバには、レアル・マドリーへの移籍話が取りざたされているが、この話題にクラブのレジェンドがクギを刺している。

先日ポグバは憧れの存在であるジネディーヌ・ジダン率いるレアル・マドリーについて「サッカー選手なら誰もが憧れる」と公言していた。ジョゼ・モウリーニョ前体制では指揮官との衝突もあり、構想外となりつつあったポグバ。だが、オーレ・グンナー・スールシャールが後任として指揮を執る今では、チームの主軸としての地位を取り戻している。

そのポグバについて、1980年代にマンチェスター・Uでプレーした元デンマーク代表のレジェンド、イェスパー・オルセン氏が『オムニスポーツ』で語っている。

「このクラブでプレーしたくないかのような発言をする選手は、オールド・トラッフォードにいるべきではないと思う」

「もちろんポグバなしでもチームは成立する。ただ、彼は重要な役割を担うことができる選手だからこそ、ここでの忠誠を誓うべきだし、我々はそれを温かく見守りたいんだ」

また、元デンマーク代表でもあるオルセン氏は、トッテナム所属の同胞クリスティアン・エリクセンについても言及。同選手がバルセロナに移籍しても十分にやっていけるはずだと太鼓判を押している。

「クリスティアンは攻撃面であらゆることができる才能を持つ。バルセロナが彼を欲しがるのもわかるし、実際にリーガへ行っても十分に活躍できる才能を備えている。オランダ、そしてイングランドでこれまでプレーしてきたが、彼はそろそろ新たな経験を求めているのかもしれない」

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)が「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZN(ダゾーン)の解約・再加入(一時停止)の方法とは?
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
白熱のJリーグ!2019シーズンの展望|優勝候補や得点王候補など

Goal-live-scores

閉じる