ムバッペ、18歳と95日でフランス代表デビュー…1955年以降では最年少

コメント()
ムバッペがフランス代表デビュー。ベンゼマは才能を評価しつつ、今後の進路については警鐘を鳴らしている。

モナコに所属するFWキリアン・ムバッペが、ルクセンブルク戦でフランス代表デビューを果たした。

フランスは25日、ロシア・ワールドカップ欧州予選でルクセンブルクと対戦。ベンチ入りしたムバッペは78分にディミトリ・パイェと交代で入り、18歳と95日でフランス代表デビューを果たした。1955年以降では最年少によるデビューとなる。

■フランス代表の“先輩”のアドバイス

また、フランス代表から長く遠ざかるレアル・マドリーFWカリム・ベンゼマも若き至宝を高く評価し、『RMC』で以下のように述べた。

「彼は怪物だね。とても良い選手だね。正直なところまだちゃんと見ていないけど、若い選手だよね」

一方で、若くしてビッグクラブに加わることは難しいと警告している。

「フットボールは厳しい。特にビッグクラブではね。僕は21歳でマドリーに加入した。リヨンでは多くのことを成し遂げていたけど、到着した時は顔面を叩かれたような感じだったよ。初年度はとても難しかったよ。家族から遠く離れてやるのは、同じ環境ではない」

「あまりに早い移籍は良くないと思うね。彼はまだ18歳だ」

ムバッペは今シーズン、モナコで29試合17ゴールという成績を収めている。ビッグクラブへの移籍もうわさされるが、どのような決断を下すのだろうか。

リーグ・アンのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる