ミラノダービー敗戦に仲間割れ、ミラン闘将ガットゥーゾ「あってはならない二重の敗北」

コメント()
(C)Getty images
ミランのジェンナーロ・ガットゥーゾ監督は、ダービーでの敗戦に加えてベンチでもめ事が起きたことに苦言を呈した。

ミランの指揮官ジェンナーロ・ガットゥーゾが、17日のミラノダービー終了後、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、敗戦の弁を述べた。

ミランは17日、セリエA 第28節でインテルとのミラノダービーに臨んだが、2-3で敗れた。直近のリーグ戦では10戦連続無敗で5連勝と好成績を収めて3位につけていたが、インテルと入れ替わりで4位に順位を落とした。ガットゥーゾは試合を振り返った。

「前半はかなりスペースを与えてしまい、インテルの方が良いプレーをしていたので敗北につながったと思う。後半は変更して少し良くなったと思う。だが高いプレッシャーをかけるには、その特性を持つ選手が必要だ。私は待ち構えてばかりだと批判されるが、選手たちの特徴にもよるものだ」

「インテルはフィジカルがあり、強いチームだが、我々のチームのパフォーマンスには満足している。思ったような結果が得られなかったのは、インテルの功績と言える。いずれにしても相手に前半をプレゼントしてはならない。チームの団結が足りなかった」

ただ試合終盤、ベンチに引き上げたフランク・ケシエと控えだったルーカス・ビリアの間でいさかいが起こった。ミランの闘将はチーム内の仲間割れを問題視した。

「ケシエのシーンが起きたことが最大の敗北だ。何が起きたのかは、2人が説明することだが、私のサッカーに対する考えの中では、今回のシーンはあってはならないことであり、二重の敗北だ。私がこの点を重要視していることは2人も知っているはずだ。私はサッカーについて何も分からないかもしれないが、ユニフォームや出場していない仲間、チームに対するリスペクトを基にキャリアを築いてきたつもりだ」

▶セリエA観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)が「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZN(ダゾーン)の解約・再加入(一時停止)の方法とは?
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
白熱のJリーグ!2019シーズンの展望|優勝候補や得点王候補など

Goal-live-scores

閉じる