ポドルスキ、大分戦前のコレオグラフィーに感動…神戸サポーターに感謝「言葉が見つからない」

コメント()
Pro Shots
耳の問題で現在ドイツに一時帰国。

ヴィッセル神戸に所属する元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキは、神戸サポーターが披露したコレオグラフィーに大きな感動を覚えたようだ。先日耳の手術を受け、長期離脱中の同選手だが、自身のSNSを通じて感謝を伝えた。

22日に行われた明治安田生命J1リーグ第16節で、神戸は大分トリニータをノエビアスタジアム神戸に迎えた。FWダビド・ビジャやウェリントンがゴールを奪うも、終盤に追いつかれ2-2で決着。前節では首位FC東京を下し、トルステン・フィンク体制初陣を白星で飾ったが、連勝とはならなかった。

この試合前に、神戸サポーターは離脱中のポドルスキのイニシャルと背番号『LP10』を使ったコレオグラフィーを披露。本人はその映像を自身のインスタグラムに投稿し、「ありがとう、神戸、ありがとう、ファンたち!言葉が見つからないよ!日本に戻って、ピッチに立つことが待ち切れない。愛している。君たちのポルディより」とのメッセージを添えた。

ハシュタグの一つには“surprise”とつけ、喜んでいる様子をうかがわせたポドルスキ。この投稿には、チームメイトのビジャやDF大崎玲央、さらにドイツ代表の盟友、バイエルン・ミュンヘンMFトーマス・ミュラーらが、それぞれ激励のアイコンで返すなど反応を見せている。

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です

Goal-live-scores

閉じる