ホッフェンハイムが次期体制を発表…噂された南野所属ザルツブルク指揮官の招へいはなし

コメント()
Getty
次期監督は以前もホッフェンハイムでアシスタントを務めたことのあるスロイデル氏。

ホッフェンハイムは19日、来シーズンライプツィヒ指揮官に内定しているユリアン・ナーゲルスマン監督の後任に、現在アヤックスのコーチを務めるアルフレッド・スロイデル氏(46)を迎えることを発表した。

2015年10月~2018年1月までナーゲルスマン監督などのアシスタントを務め、現在アヤックスのコーチ陣に加わっているスロイデル氏。ナーゲルスマン監督が来季ライプツィヒへと去ることを受け、オランダ人コーチを次期指揮官に招へいすることを発表した。契約は2022年までとなっている。

PSV下部組織出身のスロイデル氏は現役時代はボランチとしてNACブレダやフェイエノールトなどでプレー。フェイエノールトでは、2003-04シーズンに現コンサドーレ札幌MF小野伸二とチームメイトでもあった。

なおスロイデル氏の就任に伴い、これまでドイツメディアで取り沙汰されていたザルツブルクのドイツ人指揮官、マルコ・ローゼ監督のホッフェンハイム入りが消滅。同監督は、最近では来シーズンに向けて新監督を探すヴォルフスブルクに向かう可能性が有力視されつつある。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)が「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZN(ダゾーン)の解約・再加入(一時停止)の方法とは?
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
白熱のJリーグ!2019シーズンの展望|優勝候補や得点王候補など

Goal-live-scores

閉じる