ベンフィカ19歳J・フェリックスはアトレティコ入りも?グリーズマン退団で穴埋め役に

コメント()
Getty Images
ジョアン・フェリックスは移籍市場の注目銘柄となっているが、アトレティコ・マドリーに加わる可能性が高まっているという。

▶6/25(火)までの加入で2ヶ月間無料トライアル実施中!コパ・アメリカ観るならDAZNで。

柴崎岳とコパ・アメリカ出場国の代表選手

ベンフィカの19歳、ポルトガル代表MFジョアン・フェリックスはビッグクラブから注目を集める状況となっているが、今夏アトレティコ・マドリーに加わる可能性が高まっているようだ。

フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンは、今季限りでのアトレティコ退団を公言。そこで、アトレティコ側がグリーズマンの売却で得た資金をJ・フェリックスにあて、来季の出場機会を確約したうえで同選手を招く意向にあることが『Goal』の取材で分かった。

ベンフィカがJ・フェリックスと結んでいる契約解除金の設定額は1億2000万ユーロ(約146億円)に及ぶと見られているが、この額よりも低い金額でJ・フェリックスの移籍が実現する可能性もあるという。

その鍵を握っているのが、J・フェリックスの代理人であるジョルジュ・メンデス氏。アトレティコ、ベンフィカの両チームと良好な関係を築き、これまで何度も移籍を仲介してきたことから、アトレティコ側も前述の契約解除金より低い額で引き抜きができると見ているようだ。

今季、トップデビュー1年目から20ゴール11アシストを記録し、ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝ではフランクフルト相手にハットトリックを決めたJ・フェリックス。

ベンフィカは“非売品”であることをアピールしているが、グリーズマンの移籍が正式確定した場合、J・フェリックスのスペイン行きが加速化することになりそうだ。

▶6/25(火)までの加入で2ヶ月間無料トライアル実施中!コパ・アメリカ観るならDAZNで。

柴崎岳とコパ・アメリカ出場国の代表選手

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説  ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です

Goal-live-scores

閉じる