ベイルの移籍先は1つだけ?ウェールズ代表OBが言及「多くの選択肢は残されていない」

コメント()
Getty Images

元ウェールズ代表のロビー・サヴェージ氏が、レアル・マドリー退団が噂されるFWギャレス・ベイルの移籍先について、『デイリー・ミラー』のコラム内で言及している。

2013年にトッテナムから1億ユーロと言われる移籍金でレアルに加入したベイル。しかし度重なる負傷に悩まされ、過去5シーズンで30試合以上に出場したのはわずか1シーズンのみ。さらにチームに馴染んでいないと度々伝えられ、2月にはゴール後の味方の祝福をはねのけるシーンも。直近の振る舞いから、サポーターのブーイングを浴びることも多くなっている。

そして、先日ジネディーヌ・ジダン監督が復帰。昨季までの3シーズン、重要な試合でベイルを外すことも多かった指揮官の復帰で、立場が危うくなったと見られている。スペイン『アス』によれば、クラブ側も売却する方針を固めたという。

サヴェージ氏は『デイリー・ミラー』のコラム内で、「移籍することになれば選択肢は多くない」としつつ、プレミアリーグ復帰を願うのであれば、現実的にはマンチェスター・ユナイテッドしかないと綴っている。

「ジダンの長期プランに合わないと言われるベイルだが、レアル・マドリーをこの夏に離れる場合、イングランドへ戻ってくるだろう。そして、ユナイテッドが最も現実的な希望だ」

「マンチェスター・シティは彼を必要としない。トッテナムは新スタジアムへの投資により、資金がない。チェルシーは移籍禁止処分の対象となる可能性があり、元トッテナムの選手としてはアーセナルへ行くことはないだろう」

「イングランドにおいて、ベイルに多くのオプションは残されていない」

オーレ・グンナー・スールシャール監督の正式就任が発表され、復権を目指すマンチェスター・U。指揮官は補強資金を慎重に使うと語っているが、ウェールズ出身のスーパースターを引き入れることはあるのだろうか。

DAZN2ヶ月無料

▶今なら2ヶ月間無料でサッカーを楽しめる! 4月3日(水)23時59分までDAZN2ヶ月無料キャンペーン実施中

【関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)が「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZN(ダゾーン)の解約・再加入(一時停止)の方法とは?
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
白熱のJリーグ!2019シーズンの展望|優勝候補や得点王候補など

Goal-live-scores

閉じる